PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

【DREAM特集】”ありがとうを届ける世界一周”。震災を乗り越えた彼女が世界に伝えたいこと

原口莉央 / フッ軽

秋も私の季節です

グッドモーニング世界、
最近は遊びすぎて金欠大学生極めてます、リオです…。

 

今回は、ななな、なんと!

昨年度のDREAMセミファイナリストに
独占インタビューしてきました!

 

これは相当重要なお仕事だ…。

 

DREAMを初めて知ったという人や、
エントリーしようか迷っている人。
そんな人たちの背中をドンッと押すようなお話盛り沢山!!

 

さぁ、準備ができたら行きましょう!

 

DREAMとは

 

株式会社TABIPPOが運営する『すべての学生に世界一周のきっかけを与える』プレゼンコンテストです。

 

世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、
最も観客の心を動かした優勝者には、
最優秀賞として世界一周航空券が贈呈されます。

2018年9月から全国で審査がスタートし、
決勝プレゼンの舞台は2,000名以上の旅好きが
集まるイベントのステージです。

その来場者による投票数の最も多かった人が
優勝者となり、世界一周航空券が贈呈されます。

 

審査の過程で残念ながら落選しまった人にも、
世界一周の夢が実現するような出会いの場や、
情報提供の仕組みをたくさん用意しています。

 

世界一周をした人で、
旅に出たことを後悔する人は1人もいません。
学校やバイト、就活や日々の生活、

 

思いつく言い訳はたくさんあるけど、
自分の好奇心に正直になって、
一歩踏み出してみませんか?

 

 

世界が広がり、人生が変わるはずです。
さあ、次はあなたの番!

 

DREAMの決勝プレゼンは、
日本最大級のイベント”BackpackFESTA”にて行われます。

今年は全国9都市+タイのバンコクで開催予定です。

ぜひお近くの会場にお越しいただき、
世界一周を夢見る若者のプレゼンをお聞きください!
BackpackFESTAの詳細はこちら ↓

 

 

”ありがとうを届ける世界一周” 鈴木麻莉子

 

今回インタビューの協力をしていただいたのが、
昨年度DREAMセミファイナリスト
鈴木麻莉子さん、通称まりこ

 

photo by mariko

この写真から溢れ出るデキる女感‼笑
そう実際にまりこさんはデキるのです。

 

なんたって海外を飛び回り、

日本を次の目的地までのトランジットにする女…。

 

さて皆さん、ここで疑問に思ったことがあるんじゃないでしょうか?

 

鈴木麻莉子さんが、
どうしてDREAMに参加したのか
セミファイナリストの景色はどうだったのか
もともとデキるウーマンだったのか

 

などなど。沢山あると思います。
そこで私、リオが皆さんのためにまりこさんの謎を暴いてきます!

 

この記事を読んで、あなたもあなたなりの世界一周が見つかりますように。

 

DREAMに出ようと思ったきっかけ

photo by mariko

まず、大学に入って自分が期待していたように、バリバリ活動するような面白い人がいなかったんです。だから一年生ながら海外インターンやNGOの活動などもしていました。気づけば、春夏の長期休みは海外に行くようになっていました。

 

そんな時DREAMの存在を知ったのが夏のフィリピンインターン。当時TABIPPOの仙台スタッフをしていた友人の強い誘いにより、参加しようと決めました。この時は世界一周というより、自分の想いをたくさんの人に伝える機会なんてない!と思っていました。

 

 

 

 

DREAMのテーマの決定

photo by mariko

―まりこさんが選んだ世界一周テーマは何ですか?

 

『ありがとうを届ける世界一周』です。

ありがとう

この言葉ってすごくでかいと思うんだよね。私、宮城出身で、小学六年生の頃、東日本大震災を経験してるんです。

 

みんなは知ってるかな。東日本大震災の時、
約164ヶ国もの国々が日本を支援してくれました。そこで初めて、海外との繋がりが見えた。

 

でもまだ世界一周はぼやけていて。
震災の復興プログラムに参加し、アメリカに留学した時、改めて実感させられたことがありました。

 

『英語が話せなくて、震災のことを伝えられない。』

 

そして何よりも、
『震災後、支援してくれたことへのありがとうが伝えられない。

 

とにかく悔しかったです。
そこから、『ありがとう』を届けたくて、高校で留学をすることを決意し、苦手だった英語も猛勉強しました。

 

そして、アメリカでホームパーティーをした時に初めて、自分の言葉で当時の被災地の様子や留学生とホストファミリーに向かって感謝を伝えることができました。

 

震災を経験したことも、支援してもらったことも、自分が言わなきゃいけない、自分だから言えること。

 

自分の言葉で感謝を伝えることが自分を変えてくれた。じゃあ、今度はそれを私から誰かに伝えたい。

 

この気持ちが、DREAM挑戦への一歩を踏み出させました!!

 

 

DREAM挑戦を経て

photo by mariko

―DREAMに挑戦して得たものはありますか?

 

大きく分けると二つ。
一つは、”人との出会い”かな。

 

最初は、なんとなく面白い人たちと会えたりするのかなと思ってたんだけど、会ってみたら、本気で世界一周を考えている人や、面白いテーマや夢をもった、素敵ですごい人ばかり。

 

DREAMに参加することで、DREAM交流会や審査を通して、同じ立場の大きな夢を持った参加者や、審査員となるTABIPPO学生スタッフに沢山出会えた。

 

みんなが一人一人、それぞれが熱い想いをもっている人たちだったから、話していると逆に自分はどう考えるんだろうってすごく刺激になったな。

 

しかも、参加者同士やスタッフが、お互いに本気で応援し合う。だから、人を応援するってことを初めて意識したかもしれない。

 

DREAMを通して、たくさんの人に応援してもらったんだけど、直接だったりメッセージで言われる「頑張れ」や「私も頑張る」の一言がとても嬉しかったのを覚えています。

 

 

―本気だからこそ、仲間のことも本気で応援できますよね。二つ目はなんですか?

二つ目は、「世界一周が難しくない」ってこと。

 

DREAMのテーマが世界一周ということもあるんだけど、海外が身近な人が多くて、海外に出ないのが勿体無いなって思うようになりました。

 

世界一周にしろ、DREAMにしろ、

 

自分の一つの行動だけで、その先に出会う場所や人が全く変わっていくということを学びました。

 

DREAMに出て、大変なこともあったけど、出てよかったと思えるのは、そのようなことを学べたから。

 

 

DREAM参加を迷っている人たちへ

photo by mariko

まず、旅・海外好きなら出るべき!

コンテストとか投票とかいうと、ハードルが高く感じてしまうかもしれないけれど、全然そんなことはないです。参加者も審査員も同年代で、ラフな旅コミュニティ。

 

自分の考えていること、思っていることを存分に発表できる場所。

 

なによりも、自分のことを見つめ直すいいきっかけになると思います。

 

まぁ、簡単にいうと
迷うなら出ろ!ってことです。

 

 

最後に

 

みなさん、いかがだったでしょうか。

私もこの記事を書くにあたって、まりこさんをはじめとした多くのDREAM参加者や、世界一周者の話を聞いて、私もこんなに熱く語ってみたいと思いました。

 

『世界一周』という言葉。少し前までは、口には出せるけど、どこか夢のような言葉だと思っていました。

 

でも今は、夢でもいいじゃない!!!と思います。

 

夢でもいい。それを誰かに語り、語られることで、それが現実味を帯びてくるかもしれないし、誰かの人生を変えてしまうかもしれない。

 

いやぁ、ワクワクしますねぇ…!

 

一歩踏み出せばそこには見たことのない景色が広がっています。旅で世界を、もっと素敵にしていきましょう!

 

インタビューに協力していただいた鈴木麻莉子さん、有難うございました。

 

原口莉央 / フッ軽

飽き性で気分屋、楽しいこと大好きなバスケットウーマン。人間が大好きだからきっとずっと喋ってる。あなたのことも好き。でもお寿司と絶叫は嫌い。タイのパッタイは正義。パッタイを食べにタイに行きタイ。