PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

【DREAM特集】しゃぼんだませかいでとばすーDREAM優勝者の軌跡ー

あみ / 毎日が食欲の秋

世界中の美味しい物を食べ尽くしたい

こんにちは!世界中のディズニーランドを制覇することが夢なあみです!

 

今回は、『すべての学生に世界一周のきっかけを与える』プレゼンコンテスト”DREAM”の2018年の優勝者の方のインタビューをお送りします!

 

世界一周に興味を持っている方、DREAMにエントリーするか迷っている方の背中を押すことができたらいいなと思っています!ぜひご覧ください!

 

※第9回世界一周コンテストDREAMのエントリーは終了いたしました。
なお決勝プレゼンは、日本最大級の旅イベント”BackpackFESTA2019”にて行われます。

夢見た世界一周への切符を手にするのは誰だ⁉
BackpackFESTA2019の詳細情報はこちら

 

DREAMとは

株式会社TABIPPOが運営する『すべての学生に世界一周のきっかけを与える』プレゼンコンテストです。

 

世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、
最も観客の心を動かした優勝者には、
最優秀賞として世界一周航空券が贈呈されます。


2018年9月から全国で審査がスタートし、
決勝プレゼンの舞台は2,000名以上の旅好きが
集まるイベントのステージです。

 

その来場者による投票数の最も多かった人が
優勝者となり、世界一周航空券が贈呈されます。

 

審査の過程で残念ながら落選しまった人にも、
世界一周の夢が実現するような出会いの場や、
情報提供の仕組みをたくさん用意しています。

 

世界一周をした人で、
旅に出たことを後悔する人は1人もいません。
学校やバイト、就活や日々の生活、

 

思いつく言い訳はたくさんあるけど、
自分の好奇心に正直になって、
一歩踏み出してみませんか?


世界が広がり、人生が変わるはずです。
さあ、次はあなたの番!

詳細情報は公式HPにてご確認ください。↓↓↓

 

しゃぼんだま せかいで とばす

photo by koma 

 

今回インタビューさせていただいたのは、
「しゃぼんだま せかいで とばす」というテーマで昨年DREAMに出場された、こーまさん(24)。

2018年度のDREAMの優勝者です。

“DREAMに参加したきっかけ”

ーDREAMに参加しようと思ったきっかけはなんでしたか?

 

DREAMの存在は知っていたのですが、自分は出ないものだと決めつけていました。そんな時、友人がDREAMに参加するとのことで、世界一周のテーマについて相談してきたんです。いろいろと一緒に話すうちに自分までワクワクしてきてしまって、その友人を応援する気持ちと同時に、「自分もやっぱり挑戦したい。」という気持ちが芽生えてきました。

それと実は、TABIPPOのイベントが初めて福岡に来た2015年の、「TABIPPO2015(現在のBackpackFESTA)」のDREAMに出場していたのですが、3次審査までいって決勝間近で落ちた過去があったんです。あの時のリベンジをしたいってずっと心残りだったことも、きっかけにあります。次こそは、決勝の舞台に立ちたい。

 

”夢の世界1周への切符が目の前にあるんだ、それなら自分も挑戦したい。挑戦しない手はない!”

 

最後は「やらない後悔はしたくない」と、締切日の終了間近の23時57分にエントリーしました。今となっては、あのとき踏み出した自分を褒めてあげたいです。

 

“DREAMのテーマ”

ーDREAMのテーマは何でしたか?

 

「しゃぼんだま せかいで とばす」というタイトルでプレゼンしました。簡単に言うと、世界中を旅しながらしゃぼんだまをみんなで吹いて、笑顔になろうというテーマです。

このテーマにするきっかけは2011年3月11日東日本大震災。当時自分は宮城に住む高校2年生でした。この地震で大切なもの、大切な人を失いました。被災地は下を向いていました。

1か月が経ち、少し落ち着いたころ、友人の誕生日プレゼントでインターネットでしゃぼんだまを注文しました。すると福岡のしゃぼんだま会社から「被災地の空にしゃぼんだまを飛ばしてほしい」とメールが届いたのです。しゃぼんだまが届くとすぐに僕は被災地に配りに行きました。

すると下ばかり向いていたみんなが空を見上げるように、みんなが笑顔になりました。小さい身近な幸せであふれていることにしゃぼんだまが気づかせてくれる。しゃぼんだまで世界中を笑顔にしたいと思いました。

 

ーDREAMに優勝したときの気持ちを教えてください!

 

いろいろな人への感謝の気持ちでいっぱいでした。DREAMを通じてできた仲間、プレゼンを作る時やウェブ投票の時にもいろいろな人が支えてくれました。自分一人じゃ絶対できないことでした。

 

photo by koma

 

DREAMへの挑戦を経て

DREAMでの思い出

思い出はたくさんありますが、強いて挙げるなら、WEB投票の期間です。日本全国、世界中の人が応援してくれて、毎日投票してくれて。あたたかい言葉や応援、励ましの言葉をいっぱいくれて。みんなが自分の夢を自分のことのように応援してくれて、結果的に上位の投票数を獲得することができて、本当に嬉しかった。

”自分の世界一周が、みんなの世界一周になった”

そんな瞬間もありました。そのことが本当に励みになったし、あの経験が決勝までの自信に繋がりました。この場を借りて、あのとき投票してくれた皆さんにお礼を言わせてください。皆さん本当に、ありがとうございました。

 

ーDREAMで得たものは何ですか?

 

特に大きいなと思うのは、新しい仲間や大切な人とのつながりです。つながり以上に大切なものはないとも気づかせてくれました。

photo by koma

 

ーどんな世界一周にしたいですか?

 

今まさに、世界一周の計画を練っています。会いたい人が世界中にいて、その人たちとのことを思い浮かべながら国を決めています。結局はしゃぼんだまのようにふわふわと飛ぶような旅をしたいなーとも思っています。ちゃんと割れないように帰ってこようとも。あとやっぱり、ウユニ塩湖に反射するしゃぼんだま、オーロラの下でのしゃぼんだまはしたいです。

 

DREAMに参加するか迷っている人へメッセージ

できない理由なんてあげればキリがないほどたくさんあります。でも、「世界一周なんて大きなことだけど、今いろいろあって忙しいけど、コンテストなんて出てる場合じゃないけど、せっかくこの地球に生まれたのなら、この人生で1回くらい夢をみて島国を飛び立ちたい。どうせなら世界一周したい!」そう思ったっていいんじゃないかなと思っています。

誰にでもチャンスがある。旅は、だれが偉いわけじゃなくて全員の権利であり夢なんだと気づかせてくれる。それがDREAMです。あとはこれを読んであなたが、どう思って、どう行動するかです。次は、これを読んだあなたが優勝するかもしれない。いや、優勝しましょう。世界のどこかで会いましょう

最後に

いかがでしたか?

今回インタビューさせていただいて、夢は、自分の成長に繋がり、周囲の人にも影響を与えることができる本当に素晴らしいものだと感じました。

 

新しいことに挑戦することは不安になると思いますが、ほんの少しの勇気をだして一歩踏み出せば、新しい出会い、新しい発見などのワクワクなどの連続で、自分の夢に近づけるチャンスであり、まだ夢がない人は、新たな夢が見つかるかもしれません!

 

少しでもDREAMに興味を持ってくれたそこのあなた!一緒に夢を叶えませんか?

 

最後に、
インタビューにご協力いただいた齋藤光馬さん、ありがとうございました!

 

DREAM詳細情報

DREAMは、すべての学生に世界一周のきっかけを与えるプレゼンコンテストです。

世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、最も聴衆の心を動かした方には、最優秀賞として世界一周航空券が贈呈されます。

他にも、世界一周者や他の参加者と出会える「参加者交流会」など、世界一周の夢が実現するような出会いの場や、情報提供の仕組みをたくさん用意しています。

 

【応募要項】

●参加資格

世界一周に興味のある学生(中学生、高校生、大学生、大学院生、専門学校生など)

●参加費

1000円
※高校生以下は無料!
※高専生については、1〜3年生は高校生扱い、4.5年生は大学生扱いになります

●募集期間

2018/08/29(水)~2018/10/21(日)
※早く応募して頂いた方より面接審査を開始いたします。

 

たくさんのご参加をおまちしております。
詳細情報はこちらから↓↓↓

 

あみ / 毎日が食欲の秋

旅と食をこよなく愛する福岡の大学生。次の旅の目標地はスペイン。