PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

人見知りだった女子大生が、タイムズスクエアで1人フリーハグをやってみた!

Rika / 脳内お花畑

犬派か猫派なんて選べない

みなさんこんにちは。
カナダの世界一綺麗な島、プリンスエドワード島でスローライフ満喫中の莉果です。

 

カナダはもうすっかり極寒で、体感気温マイナス20度の中なんとか耐え忍んでいます。
みなさんは寒いときどうやって体を温めますか?

 

少し走ってみたり、コンビニでじっくりコトコトを買ってみたり…などなど。
人それぞれの方法がありますよね。

 

私の場合は、ずばり、ハグです!!!
ハグって心も体も温まるし、ストレスも3分の1に減少するらしいですよ。
いいことだらけですね!

photo by pixabay

                                                                                                                                                                                

そこで今回は、私がタイムズスクエアでフリーハグをした実体験を紹介したいと思います!

 

 

フリーハグってなに??

まず初めにフリーハグについて説明します!

 

フリーハグは元々、とあるアメリカの少年が始めた行動です。
多くの人に愛された母親を亡くしたときに、”親切で励みになる行動が人々の励みにも繋がるだろう”と気付き、FREE HUGSと書かれた看板をもって歩いたことが始まりだと言われています。

 

そして今では、世界中に広がる運動になっています。
渋谷などで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

どうやってやるの?

 

photo by Rika Nishimoto

                                                                                                                              

やることはいたって簡単。

 

ただ、道行く人とハグをする!!それだけです!
”フリーハグ”と書いた看板をもって立っているだけでいいんです!

 

なんでタイムズスクエアでしたの?

 

世界の中心だからです(笑)
行く前から絶対にやる!!と決めてました(笑)

 

photo by Rika Nishimoto

                                                                                                                        

タイムズスクエアは眠らない街なので常に人通りは多く、
時間帯を気にする必要はありません。

 

しかし、さすがに私も海外で一人でフリーハグ、しかもニューヨークということで
出発前は内心すごくビビってました(笑)

 

でもここまできたらやるしかない!!ということで
いざ看板をもってタイムズスクエアへ!!!

 

フリーハグ開始!!

その前にまずは段ボールをもって写真撮影!
と思って段ボールを胸に掲げた瞬間…!

 

横を通りかかったお兄さんが
「フリーハグ⁉」と嬉しそうに言いながらさっそくハグ!

 

一緒にいたお友達もハグ!
それを見ていた周りの人もハグ!!

 

気付いたらフリーハグがスタートしていました(笑)

 

photo by Rika Nishimoto

                                                                                                                                         

そこからは通りかかる人が次々とハグしてくれました!

 

さすがニューヨーク、多様性がすごい!!

 

ラテン系のお兄さんやお姉さん、
少し控えめなヨーロッパ系のお兄さん、
日本人のお兄さん達、
中にはノリノリのお母さんや子供達まで!

 

たくさんの人がしてくれました!

 

そして順調にフリーハグを楽しんでいると、
なにやら厳つい警備員の人が近づいて来ました。

 

あ、やばい、怒られる…!!と思ったそのとき。

 

photo by Rika Nishimoto

                                                                                                              

笑顔で、ヘイ!フリーハグ!と言いハグしてくれました(笑)
ノリノリの警備員さんでした(笑)

 

注意点

行ったことのある人はわかると思うのですが、
タイムズスクエアには某ネズミやその仲間の着ぐるみを着た人たちがうじゃうじゃいます(笑)

 

そして面白半分で写真を撮るとお金を請求されます。

 

そう、彼らはお金目当ての路上パフォーマーです。

 

そんな彼らの近くでフリーハグをするとお金を請求されると勘違いされて、人が寄ってこない場合があるので、もしやりたいという人がいれば注意してください!

 

やってみた感想

とにかく楽しかったです!!!

 

私は元々人見知りで人前に立つことが苦手でしたが、
そんな自分を変えたい!という思いもあって行動しました。

 

そして実際に行動してみて、自分に自信を持つことができました!

 

世の中やってみないとわからないことがたくさんあります。
やっぱり挑戦することって大切ですね!

 

photo by Rika Nishimoto

                                                                             

日本人の国民性

そして最も感じたのは、外国の人たちの日本人に対するイメージの良さです。

 

段ボールにJAPANと書いていたので、あなた日本人なの?日本大好きだよ!
と言ってくれる人がたくさんいました。

 

中には日本人だからハグするよ!と言ってくれた人まで。
日本人というだけで印象がいいんですね。

 

最後に

 

私がこのフリーハグで嫌な気持ちになることは一度もありませんでした。
むしろたくさんの人と話せて、優しくしてもらって心がハッピーになりました。

 

また、挑戦する前は少し怖いイメージがあったニューヨークですが、やってみるとすごく楽しくて、ニューヨークに対するイメージが一気に良くなりました。

 

やっぱり現地の人と触れ合うことは大切ですよね!

 

さて、フリーハグに興味を持ってもらえましたでしょうか?
皆さんもニューヨークに行った際は、ぜひフリーハグをしてみてください!!

 

                                                                                                                               

Rika / 脳内お花畑

大阪生まれ大阪育ち。京都の大学3年生。渡航歴は10ヶ国程。人混みに行くとフリーハグがしたくなる。しゃべりだしたら止まらない。現在は世界一綺麗な島、カナダのプリンスエドワード島に留学中。吊り橋とお化け屋敷が大好物。アナザースカイはポートランド。