PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

「自分らしく生きたら、それが一番楽しい」旅革命 築山優さんに聞くLGBTとこれからの話

みん / ドッグアーティスト

犬とワルツ。

今日もいい天気。みんです。

 

「LGBTについてインタビューしない?」と誘われたのがきっかけでLGBTについて調べるうちに、これは他人事ではないなと思うようになりました。

 

誰にお話を伺おうか探していたところ、運よく名古屋のBackpackFESTAで築山優さんと出会い、インタビューをさせていただくことになりました。

 

今回は魅力的な彼の想いを学生の世界を広げるWEBマガジン」をコンセプトとしているPERRYでも取り上げ、みなさんにお伝えできればと思います!

 

築山 優

photo by yu

 

自然、植物、イケメンが好き。ゲイとカミングアウトしてLGBTの講演活動家をしている。TABIPPO世界一周コンテスト「DREAM」のファイナリスト。旅革命引率。

 

 

今回は、主に性的マイノリティ(LGBT)、旅革命、優さんのこれからをインタビューしました。

 

 

LGBT とは

photo by pixabay

そもそもLGBTとは、

 

Lesbian(レズビアン)…女性が恋愛対象の女性
Gay(ゲイ)…男性が恋愛対象の男性
Bisexual(バイセクシュアル)…男性、女性どちらも恋愛対象の人
Transgender(トランスジェンダー) …生まれた時の性別と自分で認識している性別が異なる人

 

というように、セクシャル・マイノリティーの方々を言い表します。

 

現在、日本には約8.9%(およそ11人に1人)の人がLGBTだと言われています。

これって、クラスが30人だとしたら少なくとも2、3人はいることになります。

全然他人事じゃないです!!

 

 

目に見えないだけで身の回りに沢山いる

 

優さん:こんばんは、はじめまして21歳のゲイ、つきやまゆうです~!

 

みん:(そんな、あっさり言えるゆうさん、すごい)こんばんは、本日はよろしくお願いします!

まずはじめにみんなにLGBTについて知ってほしいことはありますか?

 

優さん:そもそもLGBTは一般の人とは少し違う恋愛観を持ってる人たちを言うのね。日本には50人に1人の割合で外国人がいるけど、約11人に1人はLGBT該当者がいる。

結構多いなと思っていて、でもほとんどの人は自分の周りにはいない、またはわからないというの。なぜそのギャップがあるのかというと、隠していたり見えていないから。なのでまず知ってほしいのは、隠していたり目に見えないだけで身の回りに沢山いるよってこと。

 

みん:LGBT=マイノリティの一つじゃなく、個性と思えたらいいですね。

 

優さん:まさに僕はLGBTを個性と思っていて、それを前提として僕はいい意味で普通の恋愛観を持つ人とは違う個性を持てているし、それが自分の自信になっているからめちゃくちゃゲイで良かった!!

どんな個性を持っていて、その人自身を求められるかが大切なこれからの時代に、個性になるし、武器になるし、素敵な魅力だなあと思う!

 

 

虚勢張ってでもカミングアウトすると世界が変わる

 

みん:自分のことを素敵だと思えたらいいなあ。家族や親友、身近な人にさえ打ち明けられず抱え込んでいる人へ一言もらってもいいですか?

 

優さん:僕、実はゲイ以外にも発達障害、学習障害とか、足が短いとかをもってたりするんだけど、他の人もセクシャリティに限らず、人と違うことで悩んでる人が多いと思うんだよね。

それを一人で悩んじゃうと、悪い方向に考えがちだから、逆に堂々としていたら、びっくりするぐらい、当たり前みたいに「そうだったんだね」って言ってくれるから、堂々としてることが一番だと思う!

 

みん:実際に優さんはカミングアウトするときはどうでした?

 

優さん:今でこそ楽ではあるけど、最初にカミングアウトする時はほんとに、ほんとに怖かった。ちなみに挨拶の最初にゲイですっていうのは、後からあなたそうなの?って、悪意がなくても影でこそこそ言われるのが嫌だからそうしてる!でも、カミングアウトしなかったり、隠すことをして抱え続ければ続けるほど、その傷は深くなるだけだと思うから、早く伝えてほしい。

僕は中学はいじめられていたり、高校の頃は3年間誰ともお昼ご飯を一緒に食べたことなくて、自分のこと受け入れられなくて、隠して生きて、人を避けていて。だけど、自分で自分を否定するのは本当にもったいない。自分一人で自分を受け入れるのは難しくて、それができないから悩んでいるんだよね。

大好きな人や尊敬している人たちにいいじゃんって肯定してもらえて初めて僕は自分を受け入れられたから、悩んでる人は周りの人に相談したほうがいいと思う。カミングアウトは避けて通れない道だね。

 

 

旅革命について

photo by yu

 

みん:では次に旅革命のこと、教えてください!

 

優さん:僕がカミングアウトした一番最初の人でもある吉野裕斗が日本の学生人材育成のために立ち上げたの。彼は主に途上国を旅しながら世界一周をしてきて、このままじゃ途上国も日本もヤバイと危機感を持って、日本の学生人材育成のために立ち上げた研修プロジェクトなんだ。彼の話を聞き感銘を受けて、特にここ半年間全力でやっていること!

 

みん:優さんは旅革命研修とどう関わってるんですか?

 

優さん:1グループにつき同行者2人がついて、主に18−22歳の学生が十数人で旅をする。その中でのアクティビティやワークを通して『個々の成長、生涯を研磨し合う関係性』が得られるんだ。僕はここで去年の夏から同行者として関わっているんだけど、みんなを全面的にサポートしていて特に精神面でのサポートが多くを占めているね。

同行者としてもムッチャクチャ学ぶことが本当に多い。精神的にも体力的にもすっごいしんどいの。でも全体だけじゃなくて、参加者一人一人に対して自分のこと以上に向き合うからこそ、その人の成長が自分ごと以上に嬉しいし、たくさんの感動があるかな。

みんなと向き合う中で、自分の弱さとかたくさん見えてくれるし、人が必死にもがいて殻を破いて成長していく姿を側で見れるのは本当に素敵だなと感じながらやってるね。

自分を変えたい人や自分のこと嫌いって人、成長意欲がある人を待っています。
(旅革命の詳細はこちら

 

 

これからの話

 

みん:優さんはこれからどんなことをしたいんですか?

 

優さん:アート活動がしたい。幼稚園の頃から自然、植物が好きで。最近改めて、機械より自然の方が好きで、創造する事も好きだと思ってね。例えば、植物×纏うで植物で服を作ったり、植物×家具や空間デザインとか何かしら自然界と人間界を植物で繋げる活動をしたいと思ってる!

 

みん:めっちゃ素敵だし、楽しみ!!!なんとなく優さんはみどりのイメージがある!

 

優さん:いつも着ている服もみどりだからね。同じ服を3セット持っていてそれしか着ていないのね。楽だし、服を選ぶコストも減るし、覚えてもらえやすいし、常に自分の一番好きな服を着てられるから気分もいいし、服を着る生活が一定だから他の変化や感情のパラメーターがわかりやすいし。とにかくみどりは好きです。

 

 

終わりに

 

優さん:僕の周りは、世界をこういうふうに変えたい、作るとか大きな目的を持った人が多くて、僕もその思いが強い。それ以上に自分の中で強い想いがあって、それが愛だったのね。どれだけ自分を愛せて、自分の大切な人を深く愛せて、その人達から愛されるかが大事だなって気づいた。これが最大の目標かな。

 

自分を掘り下げていって、自分らしく生きたら、それが一番楽しいから。自分を大切にしてくださいね。

— 築山優

 

 

夜行バスを蹴ってまでこのインタビューに答えてくれた優さん、本当に素敵な時間をありがとうございました。

 

このインタビューはツイキャスにてフルで聴けます。ゆうさんの過去や素敵な話、イケメンと話せない人(私)の相談など盛りだくさんです。笑

 

詳細→http://twitcasting.tv/holmes_min/movie/519610751

 

 

性について考えるとき、単純に「男性/女性」だけではなく、主に心の性、体の性、好きになる性の3点で考えられたり、LGBTだけではくくれない方々もいます。

 

今回のインタビューで、少しでも関心を持って頂けたら嬉しいです。

 

そして、やりたいことが見つからないけど、とにかく成長したい、変わりたい!という方は、優さんが紹介してくださった『旅革命』をきっかけにしてもいいかもしれません!

 

この記事が、あなたにとってなにかプラスになりますように。

みん / ドッグアーティスト

韓国人。動物(特に犬さん)とアニメ、小説が大好きな学生。大学受験から解放されたのがきっかけで親友と九州一周の旅をしました。そこで初めてカステラを食べ、感動しました。底についている紙は食べないものと知ったのは少し後の話です。