PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

今話題の国!飲んで、遊んで、学べるマルタに女子大生が超短期留学した件

Yuri / なにかと夢見がちなリケジョ

旅とヌテラが大好き

 

こんにちは、何かと夢見がちな理系女子Yuriです。

最近は布団から出るのが億劫なので、布団の中で夢見がちです(笑)

 

今回は、ふらっとマルタまで行ったお話。

 

はぁ〜、あの青い空、透き通った海…

そんなマルタで「昼間っから酒飲んで過ごしてぇ」って、帰ってきた今でも思っているところです。

 

「ん?マルタって国なの?」って思ったそこのあなた、この記事必読ですよ。

はい、早速スクロールしていきましょう!

 

マルタってどんな国?

photo by マルタ観光局

 

そもそもマルタってどこやねん。そんな国あるの?

「はい、あります。」

 

マルタは地中海に浮かぶ島国で、ヨーロッパの避暑地なんて言われています。イタリアの南に位置していて、大きさは316km2。東京23区の半分の大きさです。ちっさい…。

日本からは、まる1日くらい飛行機に乗っていたら辿り着きます。でも直航便はないので、一度どこかの空港でトランジットする必要があります。

 

マルタでの遊び方

 

「え、いきなり遊びですか」と、思う人もいるでしょう。

でもマルタは、とにかくアクティブに遊べるんです♡

周りを海に囲まれているので、マリンスポーツをはじめとしたアクティビティはもちろん、ナイトライフも充実しているので学生必見です!

 

ダイビング

photo by Yuri

 

まずは、海にでも行きましょうか。

ということで、試しにザッブーンとダイビングしてみました。

 

ダイビングしたのはAnchour Bay(アンカー湾 )。

実はここ、実写版「ポパイ」の撮影地!ポパイの可愛らしい街並みのすぐ側には、このように透明感抜群な海が広がっています。

 

木曜日はクラブ街へ!

 

普段は真面目な学生も、毎週木曜日だけはパーリーピーポー。

マルタのパーチャビルは男女ともに入場無料で踊り放題&飲み放題!

しかも、ご丁寧にこの日だけは循環バスも夜遅くまで運行しているので、「これは行かないわけがない。」と言いつつ行けなかった少数派の一人。

韓国人のクラスメイトに誘われたけど、体調悪くて断念…。残念すぎました。マルタに行った際には、必ずクラブに行くことを強く、強くオススメします!

 

世界遺産都市でショッピング

 

首都ヴァレッタは都市全体が世界遺産に登録されていて、景観保持のために、新しい建物の建設ができません。

その代わりに、地下を掘り下げて作られたショッピングモールもあり、そこでお買い物を楽しめます。

Z◯RAなどの日本でもお馴染みのファッションブランドも関税があまりかからない分、安く手に入ります。

これはお財布にも嬉しい♩

 

すこーし疲れたあとは、ジェラートでちょっぴり休憩。

 

イタリアの文化の影響を強く受けているマルタは、イタリアンなお店が多め。もちろん、街にはジェラート屋さんがたくさん!

正直、どこのお店で食べるか迷いました…。

 

結局、可愛いマカロンをトッピングできるお店でジェラートゲット。

photo by Yuri

 

お酒飲みまくり

 

マルタは小さい国なのに、ワイン、ビール、リキュールと地酒も豊富にあります。

普通に学生寮の売店にもお酒が売っているので、昼間っから飲んでる学生もしばしば…。

値段も安いので、財布が貧しい学生にとっては最高!

 

CISK

photo by Yuri

 

これはマルタの地ビールで1本1.5ユーロくらい。

マルタだと、どこでも手に入るので地元の人は大抵このビールを飲んでいます(笑)

すっきりしていてとても飲みやすい!

ちなみに日本では販売していないので、マルタに行ったらぜひ、地元民と一緒になって飲んでみてください。

 

DELICATAワイン

 

マルタはなんとワインが有名。

基本、ぶどうはイタリアなどの周辺国から輸入して、醸造を国内で行うのが主流ですが、マルタ国内産のぶどうを使用したものワインもあります。

DELICATAワインは地元の有名なワイン製造会社で、ボトル1本3ユーロから購入できます!

も安さと味にはまり、赤・白・ロゼの3種類をお土産として購入しました。(注:ちゃんと酒税は収めてます。)

 

サボテンのリキュール

zojaさん(@zoja)がシェアした投稿

 

マルタでは、サボテンのリキュールという、なんとも珍しいお酒が存在しております。

確かに、マルタのあちこちにサボテンがありました。

なんか色もピンクだし毒々しい…。

がしかし!飲んでみると美味しくてグビグビいけちゃう。飲みすぎ注意のリキュールです。飲みすぎて、マルタ最終日にダウンしてしまったことは伏せておきましょう…。

 

ちゃんと勉強もしましたよ?

 

遊んで飲んで遊んで…何も学んでねーじぇねぇか!ってね、思いますよね。

でも実はちゃんと学校にも行って、英語の勉強しました!

1週間だけですけど…。

 

1週間の超短期語学プログラム

 

がっつり語学留学したい!ていう人には申し訳ないくらいの、超短期間からプログラムがあります。

今回、私はマルタ大学付属語学学校で学びました。

 

ここは学生寮完備で、短期から長期の語学留学に適した語学学校です。

授業は午前中に3時間ほどで、午後はフリータイムという比較的自由なスケジュール。

授業では少人数のクラスでひたすらディスカッション。韓国人のクラスメイトと、ディスカッション、ディスカッションの繰り返しで、正直ついてけない!と思うこともありましたが、スピーキング力向上には超有効な授業でした。

 

photo by Yuri

ちなみに真ん中が先生で、左がですね。右は友人です。

食べ物も美味しかったので、この留学で3kg太りました。現在は絶賛ダイエット中です。

 

まとめ

photo by  Bengt Nyman

 

はい!ここまでババーッとマルタについて書いてきました。

本当は書ききれないくらいの魅力が詰まった国、マルタ。

私は飲んで、遊んでばかりでしたが、長期で留学したい!と思うくらい、マルタは良いところでした。本当、もう一回行きたいな〜!誰か一緒に行かないかな〜なんて思ってます(笑)

 

お酒も美味しい、海も綺麗で遊びも充実。

そしてそして、しっかり英語も学べちゃう!

語学留学を考えている方にはかなりオススメの国ですね

新たな留学の選択肢にマルタを加えてみるのもいいかもしれません!

 

では、See you again!

Yuri / なにかと夢見がちなリケジョ

熊本の大学生。ヨーロッパ行った時に食べたヌテラが好きすぎて帰国してからも毎日食べています。ヌテラたくさん食べてもニキビできないくらいのお肌の持ち主です。

ピックアップ情報

イベント情報