PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

【BackpackFESTA】大阪会場ロビーゲスト、根のシンの魅力に迫る!

Kyosuke! / 日常がミュージカル

裸で生きよう

こんにちは!

 

今回は2/24に開催されるBackpackFESTA in 大阪にて、ロビーを盛り上げてくれる追加ゲストの発表です!

僕が大っっっっっ好きなこの方(ファンクラブ会員です)は大阪在住なのですが、彼に大阪会場に是非出演して欲しいとの強い想いで、札幌から出演依頼をしてしまいました!笑

 

そんな依頼を快諾していただいたゲストはこの方!

 

シンガーソングライター「根のシン」

 

シンガーソングライター。大阪府岸和田市出身。

幼い頃に児童養護施設でギターと出逢う。練習していると、子供達が集まってきて仲良くなれた事から音楽の道を志す。施設を出たあと祖母に引き取られ、一年遅れで高校入学。学費が払えず高校を一年で中退し、現場仕事や飲食店などの仕事を始めた。その頃路上ライブをしたり、バンドを組むようになる。バンドは20代半ばで解散。その頃からシンガーソングライターとして活動を開始。

(参照:ブレイク間近! 「根のシン」って?  NAVER まとめ )

 

2016年

・自主制作CD1stミニアルバム「Roots」発売(500枚完売)
・単独公演「君が居ないと始まんないと」を東名阪で開催。全公演ソールドアウト(動員500人)
・365日毎日10kmランニング達成記念単独公演「根のシンの命日」渋谷にて開催(動員150人)

 

2017年

・サマーソニック出演(WRステージ)
・イナズマロックフェス出演(雷神ステージ)
・単独公演「君が居ないと始まんないと」開催 大阪、福岡全公演ソールドアウト(動員200人)

 

根のシンさんの魅力

 

僕が初めて根のシンさんの歌を聞いたのはTwitterでした。

 

「ひとりじゃない」というこの曲。

 

根のシンさんの魅力はなんと言ってもその歌声。
優しくも力強いその歌声に、何気なく開いた動画から目が離せなくなっていました。

根のシンさんの綴るその歌詞も、心に響くような優しい歌詞でした。

 

実は根のシンさん、アーティスト紹介のところにも書いてあるように、とてもここでは語りきれないような複雑なご家庭で育ちました(詳しくは根のシンさんのブログにて)。

 

根のシンさんが音楽を愛している理由は、彼が人生で1番苦しかった時に音楽に救われたから。
彼自身だけではなく、共に苦しんでいた家族も救われました。

 

自分も人を救えるような人間になりたい、そう思うようになったそうです。

そんな根のシンさんだからこそ、聴き手に寄り添うような歌詞と歌い方ができるのでしょうね。

 

音楽活動

 

根のシンさんはライブハウスでのLIVEや、

 

イナズマロックフェス、サマーソニックなどのフェスにもご出演されています。

 

 

しかし、シンさんの主な活動場所はこちら!!

 

大阪のみなさんなら見覚えありませんか!? 心斎橋です。(笑)

なんと根のシンさんは、自分を応援してくれるファンに会うために路上ライブを行なっています!!

 

上の「ひとりじゃない」の動画にも写真のスライドショーが出てきますが、たくさんの人と出会い自分の音楽を広めています。

リクエストも受け付けていらっしゃるとのことなので、是非心斎橋まで根のシンさんの生歌を聴きにお越しください!

 

https://www.instagram.com/p/BbHQAO_lSXq/?hl=ja&taken-by=shinkichi0321

 

 

根のシンさんの楽曲

 

僕が根のシンさんの曲の中で大好きな曲の一つがこちらの「ほなな」という曲。

関西弁で「さよなら」や「またね」の意味を持つ「ほなな」。

 

夢を追いかける中での葛藤と、彼女と自分に向けた決意を歌ったラブソングです。このMV、根のシンさんの地元岸和田で撮影されました。

 

そして歌詞には関西弁が多く出てきます。

地元愛が溢れ出ていますねぇ。笑

 

ジョーブログとの交流も…?

 

なんと根のシンさん、2/15東京会場、2/24大阪会場へのご出演が決まっているYouTuberのジョーさんとは、プライベートでも仲良しなのです!

 

ジョーさんも認めるほどのそっくりさんなところがツボです。(笑)

 

Kyosuke! / 日常がミュージカル

愛知県出身の都内大学4年生。15歳で親元を離れ野球漬けの日々を送る。大学1年生の夏に1人NYへ渡った事がきっかけで世界に興味を持つ。現在は多国籍な男女14人とシェアハウスで暮らす傍ら、ゴールドジムで筋トレに邁進中。大学卒業後、英国の経営大学院で勉強しながらお仕事に励む予定。