PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

象使い免許取りたい人必見!徹底解説ラオスで免許を取る方法

たいき / お腹が弱い旅が好きな人

下痢止めを持って行くのを忘れがち。

みなさんこんにちは。
お腹が弱い旅が好きな人、たいきです。

 

僕は夏休みにタイとカンボジアだけを旅する予定だったのですが、
出国前の友達との会話で選択肢が増えました。

友達「ラオスはいかんの?」

僕「ラオス?ラオスってなにあるん?」

友達「象使い免許取れる」

僕「象使い免許?!」

友達「え、うん」

僕「え、めっちゃおもろいやん!!ラオスいくわ!!象使い免許取りに!!!!」

みたいな感じで、急遽ラオスが追加されました。
もう象使い免許っておもろさしかないやん。ワクワクしてきた。

 

象使い免許を取るには?

 

まず象使い免許を取得するに当たって、しないといけないことは、3つ。

 

1.ツアーに申し込む。

2.修行をひたすら受ける。

3.免許取得!!

 

え?免許取得ってこんなに簡単なの?と思った
そこのあなた。そうなんです。
象使い免許はこれだけで取得できるのです!!

 

それでは早速ラオスでの実際の象使い免許の実態を見ていきましょう!!

 

1.ツアーに申し込む

 

photo by taiki

 

今回僕がツアーを申し込んだゲストハウスがこちらの

P.Pguesthouse

あるブログで見つけ評判もよく、
朝食付でなんと、1泊580円。
激安なんです!!でもここで問題が…

 

このゲストハウス、予約してなかったんです。(笑)
しかもラオスの空港もなぜかwi-fiが繋がらないという事態。

 

やばい。どうしよう。

 

めちゃくちゃ話かけてくるタクシー運転手に
一か八かP.Pguesthouseに行きたいと言ってみました。

するとあたかも知っているかのように
「oh!! P.Pguesthouse!!」と、大声でのリピート。

 

そこから運転手は大声でP.P!!P.P!!しか言いません

 

僕らは何の疑いもなくタクシーに乗り込みました。
今思えば、違うところに連れていかれていてもおかしくありません。

 

皆さんは宿を予約してから安全に旅をしましょう。
また、免許の取得は街中にある旅行代理店やツアー会社、ゲストハウスから予約できます。

 

ツアーの種類

 

ツアーにも様々なプランがあり、

 

1.半日免許取得ツアー

2.1日免許取得ツアー

3.1泊2日免許取得ツアー

4.2泊3日免許取得ツアー

5.6泊7日免許取得ツアー

 

から選ぶことができました。

値段はツアーによって様々ですが、
僕が選んだ1日免許取得ツアーでは1人40ドルでした。

 

後々、参加者にお聞きしたところ、
申し込み会社によっては35ドルのところもあったみたいです。

1泊2日や2泊3日のツアーは象と触れ合う機会が多いだけなようで、今回は1日ツアーの参加者が多かったです。

そして、予約が完了すると、翌日にワゴン車が迎えに来てくれます!!

 

いざ!エレファントキャンプへ!!

 

ゲストハウスから車を走らせること1時間。
こちらの看板が見えてきました。

 

photo by taiki

 

エレファントキャンプの場所はこちら↓

 

 

うわ〜〜〜‼‼‼念願の象や〜〜〜〜‼‼‼
友達と興奮が抑えられません。早く乗りたい。

 

待ち受ける修行

 

エレファントキャンプに着くと早速、象に乗せられます。

 

修行その1

 

photo by taiki

 

エレファントキャンプに着くと、
荷物を預ける間もなく象に乗せられます。

 

象に乗る気持ちを車の中から作っていかないと
車で寝ていた僕からするとまだ夢の中にいるようでした。

ですが、椅子があり乗り心地も良く純粋に象に乗ることを楽しめます!

 

修行その2

 

ここからが本格的な修行の始まりです。
ツアーに含まれているお昼ご飯を食べインストラクターの元へ集合です。

その時にこちらの象語を覚えます。

 

photo by taiki

 

なんと優しい。日本語で意味が書かれていますね。
これらの象語を全員が発音良く言えるまでひたすら繰り返します。

僕なんて、1人で言わされていたくらいです。
インストラクターの方にビシバシ鍛えられました。笑

 

修行その3

 

象と僕たちがお腹いっぱいになると、1人ずつ象に乗ります。そして、最初に回ったコースを回ります。

 

photo by taiki

 

く〜〜〜〜〜‼‼‼楽し〜〜〜〜〜‼‼‼‼
ここで、パーイパーイ(象語)とか言ってみます。
もう象が可愛くて仕方ありません。

 

photo by taiki

 

修行その4

 

そして最後の修行かつメインイベントの時間です。

なんと…
メコン川に象ごと突撃し、体を洗ってあげるのです!!

 

photo by taiki

 

見てもらったら分かるように、全身ずぶ濡れです。
象に振り落とされないように気をつけましょう。(笑)

 

振り落とされると、
そこは象のうんちがぷかぷか浮かぶメコン川。

 

気をつけて象と共に心身から汚れを洗い流しましょう。こうして全ての修行が終わると、シャワーを浴びツアーの終了です。

 

1日ツアーでしたが全ての工程で朝の8時30分にお迎えが来てくれ、17時にはゲストハウスへ帰れていました。

 

象使い免許GET!

 

そして、車に乗り、ツアー会社に向かいます。
そこで象使い免許の受け取りです。

証明写真を持って行ってなかったのですが、
その心配もなくパスポートの写真をコピーしていただき、完成です。

 

photo by taiki

 

免許が思っていたより大きく、
財布には入りません。(笑)

ラオスでは象は車両扱いになるらしく、
道端に放置していると駐車違反になるそうなので
お気をつけください。とのこと。

いや、誰が象で買い物行くねん。(笑)

 

結論

 

photo by taiki

世界にはまだまだ変わった免許や知らない世界がありますね。

これらを旅の途中に取得してみると異文化への理解が深まると思います。

 

また旅の思い出が1つ増えるのでお土産話にもいいですね。(笑)

それでは世界のどこかでお会いしましょう!!

 

たいき / お腹が弱い旅が好きな人

自分の好奇心に従って生きる大学2年生。海外2カ国目にウユニ塩湖へ行き、友達に羨ましがられる。 旅先で「お腹痛い」が口癖。 1人は寂しいので1人旅は基本したくない。 西陽に照らされながら音楽を聴く帰り道が好き。お伴はコーヒーで。

ピックアップ情報

イベント情報