PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

【学生団体紹介】学生間にチャリティームーブメントを。国際協力団体SIVIOの活動に迫る!

えっちゃん / 大阪の教育大生

何事も腹八分。

こんにちは!大阪のえっちゃんです。
今回は、学生団体のご紹介をさせて頂きます!

 

ラオスの教育支援に携わっている「SIVIO」さん。
具体的な活動の様子や理念など、リアルなお話を実際のメンバーの方に伺ってきました。

 

国際協力に興味がある方や、
これからサークル選びをする新入生の方はもちろん、

 

今まで国際協力や教育支援に縁がなかった!という方にも是非知ってほしい活動だなと思いました◎

 

それでは早速、SIVIOさんの活動紹介から!

 

 

学生国際協力団体SIVIOとは?

 

photo by SIVIO

 

SIVIOは「ラオスの教育支援」「学生間にチャリティームーヴメントを起こす」という理念に沿って様々な活動を行っている団体です。

 

このSIVIOという名前。

 

Student
International
Volunteer
Individual
Organization

 

という頭文字から名付けらていて、
Individualには個性を発揮した、独特のという意味が込められているそうです。

 

そしてSIVIOはなんと関東支部・東海支部・関西支部の全国に3支部あり、日本にある学生団体中でもかなり規模の大きい団体なんです。

 

そんなSIVIOはどんな活動をしているのか?
覗いてみましょう!

 

ラオスの教育支援

 

photo by SIVIO

 

東南アジアにあるラオスという国。
なかなか聞きなじみのない国かもしれませんが、みなさん知っていますか?

 

SIVIOは年に2回、春休みと夏休みを利用して、ラオスのルアンパバーンの村奥にある小さな小学校へ視察へ行きます。

 

約1週間の滞在期間中に先生や村人に新たな支援候補の調査を行うと共に、日本文化を知ってもらうためのものづくりや日本食、運動会プロジェクトを行うそうです。

 

自分たちが現地に行くことによって、自分たちの目で見て、肌で感じて、現地の人々が何を必要としているのか、何が大切なのかを知り、ラオスのありのままを体感することで今後の支援について考えます。

 

 

チャリティームーヴメントを起こす

photo by SIVIO

SIVIOは「楽しいがチャリティーに繋がる」をモットーにフットサル大会、音楽フェス、立食パーティーの主催などを行っています。

 

このようなチャリティーイベントを主催することでSIVIOの活動やラオスのことを参加者に伝えるとともに、参加者から頂いた収益金はラオスの教育支援にあてているそうです。

 

関西支部代表・副代表にインタビュー

photo by Kokoro

主に2つの軸で活動されているSIVIO。

 

今回はなんとSIVIO関西支部の現代表の塚原青生さんと、副代表の濱田美羽さんにお話を聞かせていただきました。

 

初ラオスで「ここに支援しているんだ」と実感

photo by SIVIO

―SIVIOでの活動の中で心境の変化はありましたか?

 

やはり、初めて現地に行った時は変わりましたね。

実際に行かないと分からないこともたくさんあって、その後のSIVIOでの活動も、ここに支援しているんだ!と実感できるようになりました。SIVIOにとってスタディーツアーはとても大きいと思います。帰国後に報告会もあり、そこでスタディーツアーを改めて振り返り、行っていないメンバーに対してもきちんと共有するようにしています。

 

 

支援内容も自分たちで議論

 

photo by SIVIO

―SIVIOは全国に3支部ありますが、交流や連携など関わりはあるのでしょうか?

 

あります。1番大きなものでいうと、3支部合宿というものがあって、そこで1年間の支援内容を決めるんです。ラオスのニーズを調査した上で、話し合うのですが、やはり3支部ともなるといろいろな考え方が出てきて、とても刺激的です。

例えばやはり教科書などの物資を優先したい人もいれは、教師の質を高めることに優先順位を高く考える人もいて。また本当にラオスの人たちはそれを求めているのかなど、考えれば考えるほど難しいです。しかし、自分たちの支援なので、自分たちで考えることが大切だと思います。様々な意見を聞けるのも、3支部ならではの良さだと思います。

 

楽しいをチャリティに

photo by SIVIO

―ボランティアって少し堅いイメージもありますが…

 

確かに私自身、SIVIOに入る前はそのようなイメージがありました。しかし、入ってみると活動はとても楽しいです。私たちが行っている活動も、学生に少しでもチャリティを身近に感じてもらうために“楽しい”を大切にしています。

フットサルやハロウィンイベント、クラブ会場で行ったパーティーイベントなど、参加者の方に楽しんでもらえるように考えています。そこで、あまりボランティアに興味がなかった人も、イベントのチケットが間接的に支援に繋がっているとなると、少しは意識してもらえるかなと思います。

 

小さな力も大きな力に

photo by SIVIO

―読者の学生へメッセージをお願いします!

えっちゃん / 大阪の教育大生

岡山出身の関西在住の大学3年生。大阪に美味しいものが多すぎて、趣味はグルメ巡りに。そろそろ痩せたい。

イベント情報

ランキング

Sorry. No data so far.