PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

世界一オシャレと言われる人達はロンドンでもNYでもなく意外な国にいた!?

Kyosuke! / 日常がミュージカル

裸で生きよう

おいっす!夜型の生活から、朝型の生活へ移行しつつつあるKyosukeです!
やっぱり、朝早く起きて太陽の光を浴びるのって、気持ちがいいんですね。最近、実感しております。

 

さてさて皆さん、『オシャレな国』と聞くと何を思い浮かべますか?

 

ロンドンでしょうか?
それともニューヨーク?
イタリアもいいですね。

 

で・す・が…それらの国々を凌ぎ、
世界一オシャレと言われる人達がいるんです!

 

それが、『サプール(SAPEUR)』です。

 

世界のファッション業界から脚光を浴びているこの名をご存知でしょうか?今回詳しくご紹介していこうと思います。

 

 

また記事の最後では、日本最大級の旅イベント”BackpackFESTA2019”についてご紹介しています。ぜひそちらもご覧ください!

サプールとは?

photo by サプール展

サプール(SAPEUR)とは、
「お洒落で優雅な紳士協会」という意味のフランス語の頭文字を省略したもので、そのファッションは、
サップ(SAPE)と呼ばれています。

 

彼らは周囲から見られている自分を意識し、洋服はもちろんのこと、目線、歩き方、全ての動き方に神経を使うそうです。

 

サプールの住む地

中部アフリカに位置するコンゴ共和国。首都ブラザビルの郊外にあるバコンゴ地区がSAPEを愉しむ場として認知されています。

 

場所はここです↓

いや、アフリカ大陸のどこ!ってなりますよね(笑)
すみません、だいたい指差しているあたりです。(笑)

 

高級ブランドに身を包むサプールはお金持ち?

photo by pixabay

 

着ている服こそ高価なものばかりですが、
実は、彼らの平均月収は3万円とも言われています。

 

しかしその何倍もするブランドスーツを身に纏い、週末の街を闊歩しています。

 

バコンゴ地区の人達の大半がパーム油やサトウキビ、木材、家畜などの農畜産物を育てながら生活しており、サプールはその何ヶ月分もの給料を費やして
オシャレを楽しんでいるのです。

 

コンゴ共和国は、3割の人々が1日の生活費を130円以下で暮らす貧困国なのです。

 

なぜ貧しくてもオシャレをやめないのか

彼らの信条は「武器を捨て、エレガントに生きる」ということ。

@mana.0110がシェアした投稿

この信条の起源となったのが約90年前のことで、発祥については諸説ありますが、サプールと非常に繋がりが深いと言われているものが「カトリック信仰」です。

 

1880年代にヨーロッパ列強国によるアフリカ諸国の植民地争いに巻き込まれたコンゴ人にとって、平和への想いは強く、カトリック信仰とともに平和主義者が増えていったと言われています。

 

また過去に幾度となく内戦が勃発しており、その度にサップの文化が途絶えそうになりました。

 

しかし、彼らは「エレガントな紳士であること」を重んじ、武器を捨て、ファッションで平和を願ったのです。そのようにして、これまでサップの文化は引き継がれてきました。

 

本当の意味でのオシャレ

yumi-pinさん(@y.m.y.h)がシェアした投稿

外見に気を配ること以上に、紳士であれ
紳士としてのルールと教養を身につけ、
精神的に豊かであること

 

これが何よりも大切なことであるとサプールの内輪では考えられています。

 

ただお洒落なだけではなく、美しい所作を伴わなくてはなりません。
それらは全て、人を敬い、人から尊敬される存在でなくてはならないという、サプールが考える紳士の在り方に基づいています。

 

そんなサプールは、コンゴにおいて強い憧れの的であり、闊歩する際に賞賛の声をかけられることが日常的だそうです。

 

Kyosuke! / 日常がミュージカル

愛知県出身の都内大学4年生。15歳で親元を離れ野球漬けの日々を送る。大学1年生の夏に1人NYへ渡った事がきっかけで世界に興味を持つ。現在は多国籍な男女14人とシェアハウスで暮らす傍ら、ゴールドジムで筋トレに邁進中。大学卒業後、英国の経営大学院で勉強しながらお仕事に励む予定。

イベント情報

ランキング

Sorry. No data so far.