PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

【DREAM特集】世界の建築を巡る旅。きっかけは純粋な興味だった!

Yuri / なにかと夢見がちなリケジョ

旅とヌテラが大好き

こんにちは!

 

今回は、『すべての学生に世界一周のきっかけを与える』プレゼンコンテスト“DREAM” の特集として、世界一周を経験された学生の方にお話を伺ってきました!

 

DREAMでは、世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、
最も観客の心を動かした最優秀賞者には「世界一周航空券」が贈られます。

 

「学生でも世界一周なんてできるの?」と思ったそこのあなた!

 

わくわくする話が盛りだくさんです。
読み終わったあとには、あなたも世界へ踏み出したくなっていること間違いなし◎

DREAMとは

株式会社TABIPPOが運営する『すべての学生に世界一周のきっかけを与える』プレゼンコンテストです。

 

世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、
最も観客の心を動かした優勝者には、
最優秀賞として世界一周航空券が贈呈されます。


2018年9月から全国で審査がスタートし、
決勝プレゼンの舞台は2,000名以上の旅好きが
集まるイベントのステージです。

 

その来場者による投票数の最も多かった人が
優勝者となり、世界一周航空券が贈呈されます。

 

審査の過程で残念ながら落選しまった人にも、
世界一周の夢が実現するような出会いの場や、
情報提供の仕組みをたくさん用意しています。

 

世界一周をした人で、
旅に出たことを後悔する人は1人もいません。
学校やバイト、就活や日々の生活、

 

思いつく言い訳はたくさんあるけど、
自分の好奇心に正直になって、
一歩踏み出してみませんか?


世界が広がり、人生が変わるはずです。
さあ、次はあなたの番!

詳細情報は公式HPにてご確認ください。↓↓↓

 

世界の建築を巡る世界一周

 

photo by yuri

今回インタビューさせていただいたのは名古屋の大学生せっつんさん。

 

せっつんさんは「世界の建築を巡る旅」をテーマとして世界一周をしていました。

 

どうして世界一周をしようと思ったんですか?


せっつん
:僕は大学で建築学科に所属していて、教授が世界中の色んな建築を紹介してくれたので、実際に見に行きたくなりました。

 

ちょうど大学3年の始めに「行きたいな〜」と思い始めたんですけど、春休みや夏休みに行って帰って来ていたらお金もかかるし、時間もないな、と思ったんですよね。
それならもう一年間休学して、観たいもの全部観るために世界を巡ろう!と思い、世界一周しました。

 

photo by setun

 

一年間大学休学して、18ヶ国を旅した

photo by yuri

一年間休学して世界一周したということでしたが、ずっと世界を飛び回っていたんですか?

せっつん:いや、そういうわけじゃなくて…。
手持ちのお金じゃ足りなかったので、休学して最初の3ヶ月は住み込みのリゾートバイトでお金を貯めました。

 

そこから7月から1月までの約半年間、世界一周していました。

 

本当はあと1ヶ月くらい旅してたかったんだけど、ナチュラルにお金が足りなくて帰国しました。

 

どんなルートで世界一周を?

 

せっつん:西廻りで最初に台湾、タイ、インド、UAE、エジプト、イスラエル、トルコ、フランス、ベルギー、ドイツ、イギリス、メキシコ、キューバ、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、アメリカ、最後にもう一回台湾行って日本に帰ってきました。

 

友梨:おぉ! さすが世界一周だけあって、色んな国に行ってますね。憧れます!

 

世界一周中に不安だったこと、怖かったことはありましたか?

せっつん:トラブルに巻き込まれるとかはほぼなかったから、怖かったことは少ないけど、
金銭面では不安でした。「自分こんなことしてていいんかな」とか途中思う時もありました。

 

友梨:確かに、お金めっちゃ不安ですよね。私も海外旅行中にお金が足りない!みたいになる時あります(笑)

 

せっつん:僕の場合、アメリカから南米に行こうとしてた時にお金がほぼない状態になっちゃって。

 

友梨え、どうしたんですか?

 

せっつん:親に「お金ないから帰るわ〜」って連絡したら、
「こんな機会ないんだから、お金貸すから南米行ってきなっ」て言ってくれて、無事南米行くことできました!

 

友梨:めっちゃいい親御さん!すごい素敵ですね。
ということは、トータル120万ちょいくらいで世界一周したんですね!

 

世界一周後の自分

世界一周を終えて、なにか変わったことはありますか?

 

せっつん:僕ね、めっちゃ太ったんだよ(笑)。ほら、これがビフォーアフター。

 

photo by setsun

友梨:え!世界一周した人って日焼けとかして痩せて帰ってくるイメージですけど…。
世界中のご飯が美味しかったということですか?(笑)

 

せっつん:それもあるんだけど、空港のラウンジでめっちゃ食べてたから太っちゃったんだと思う(笑)

 

友梨:なるほど、必ずしも世界一周後は痩せてる、というわけじゃないということですね(笑)

 

DREAMについて

世界一周コンテスト”DREAM”の魅力はなんだと思いますか?

 

せっつん:世界一周を決断した時点で、僕はDREAMを知らなかったので後悔してます。

 

DREAMは優勝したらもらえる世界一周航空券も魅力的んですけど、
DREAM参加者の交流会などで旅仲間が出来るのもすごくいいので、ぜひ参加したかったです。

 

友梨:そうなんですね。
このコンテストで優勝したら世界一周航空券をゲットできるし、参加するメリットも多いですもんね。

 

せっつん:そうそう、会場には世界一周に興味がある人、これからしようと思っている人がたくさんいる!
だから友達もできるし、海外行ったことない人とかは、行ったことある人に色々聞けるから、是非参加して欲しい!

 

最後に

いかがでしたか?

 

今回お話を聞いたのは世界一周のほんの一部分でしたが、
わたし自身ももっと広い世界を見たい!と思いました!◎

 

インタビューにご協力いただいたせっつんさん、ありがとうございました!

 

せっつんさんは「せつたび」というブログを運営していて、世界一周の様子を更新しています。
また、世界一周についての質問はTwitterでリプライをしてくれると答えてくれるそうです。

せっつんさんのTwitterはこちら

 

DREAM詳細情報

DREAMは、すべての学生に世界一周のきっかけを与えるプレゼンコンテストです。

世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、最も聴衆の心を動かした方には、最優秀賞として世界一周航空券が贈呈されます。

他にも、世界一周者や他の参加者と出会える「参加者交流会」など、世界一周の夢が実現するような出会いの場や、情報提供の仕組みをたくさん用意しています。

 

【応募要項】

●参加資格

世界一周に興味のある学生(中学生、高校生、大学生、大学院生、専門学校生など)

●参加費

1000円
※高校生以下は無料!
※高専生については、1〜3年生は高校生扱い、4.5年生は大学生扱いになります

●募集期間

2018/08/29(水)~2018/10/21(日)
※早く応募して頂いた方より面接審査を開始いたします。

 

たくさんのご参加をおまちしております。
詳細情報はこちらから↓↓↓

 

Yuri / なにかと夢見がちなリケジョ

熊本の大学生。ヨーロッパ行った時に食べたヌテラが好きすぎて帰国してからも毎日食べています。ヌテラたくさん食べてもニキビできないくらいのお肌の持ち主です。