PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

一人旅をしたい女子にオススメ!世界で流行中のTopdeckとは

/ 日本赤十字秋田看護大学

すごい笑います。すぐ笑います。アホなこと好きです。

 

こんにちは〜

バイト戦士のんです。今日も秋田できりたんぽを作ってます。

 

突然ですが皆さん、Topdeckって聞いたことありますか?

 

Topdeckとは、欧米を中心に世界の若者たちの間で流行っている「バストリップ」のことです!

バストリップといっても、イメージがあまり沸かない人も多いと思います。

 

そんな私は、Topdeckを通して人生初の一人旅に挑戦してきました!

そんな一人旅をしたい女子は必見!今回は私の体験談も交えて、Topdeckの魅力について紹介したいと思います。

 

Topdeckとは?

 

Topdeckとは、18~30代のための特別な旅を提供する旅行会社です。40年以上の歴史を誇ります。

 

なんと!送迎からホテルの予約、食事(皆んなで食べる時)、トリップ内容もすべてTopdeckが決めてくれるんです。

参加者から寄せられる旅の好みやニーズを生かしたセンス溢れるトリップ内容で、世界中の若者から人気を集めています。

なんと、年間45000人以上もの人がが参加しているんです!

 

そして、同世代の仲間と一生の思い出を作ることができます!

 

「え〜せっかくの一人旅だし自分で計画立ててみたいし、一人で行動してみたいよ」って思ったあなた!

安心してください。フリータイムもきちんと確保してあります。

一人で行動したい時は、一人で。誰かと行動したい時は、世界中から集まる仲間たちと自由に旅ができます。

 

さらに移動もバスだから、面倒くさくないし安全。

訓練を積んだ「トップリーダー」が、当日の日程がスムーズに進むように配慮してくれます。緊急の場合に備えて年中無休、24時間体制のコールセンターが、安全な旅の実施を管理してくれているんです!素晴らしいですね。

 

世界中の行ってみたいところはどこでも、Topdeckが叶えてくれます。

 

一人旅でTopdeckを選んだ理由

安全に一人旅ができる

photo by nizomi

 

女だと、親が心配して一人旅をさせてくれない!という声が多くあると思います。(確かに心配ですよね、、汗)

 

Topdeckなら専用のバスで移動するので、安全に旅を楽しむことができます。

私はひとりっ子で親がめちゃくちゃ心配性なのですが、Topdeck は快くOKしてくれました。

 

一人旅がしたいけど、親が許してくれない、、、そんな女子大生に圧倒的にオススメです!

 

英語の勉強になる

photo by nizomi

 

トリップ中の公用語は全て英語です。

トリップ中、英語で自己紹介する場面があったり1日のスケジュールを英語で話されたり、英語に触れない時がありませんでした。

 

これを読んで今「英語苦手だし、私には無理かも」っておもったでしょ?

 

はい、そんなあなたも大丈夫です。実際、私も最初は聞き取るのが精一杯で焦りました(汗)

そんな風に困ってる時にはトップリーダーが紙に書いてくれたり、翻訳アプリで教えてくれたり丁寧に説明してくれます。

 

なんの心配もありません。万全のサポートを受けながら、英語を学べる環境がTopdeckにはあるんです。

 

新しい何かに挑戦したい

photo by nizomi

 

新しいことに挑戦したいと思っているあなた、Topdeckに行きましょう!

一人旅に行った私の友達がこんなことを言っていました。

 

「一人旅行ってきたけど、現地の人と話す勇気もなかったし、一人で何かをするわけでもなく、そんなに面白くなかった」

 

確かに、一人旅だったら無理に話さなくていいし、勇気を出す場面もないので楽ですよね〜。

でも、それじゃもったいない!

 

旅に勇気はつきもの。

思い切って英語で話してみる!日本じゃ食べれないものを食べてみる!今までやったことのないスポーツをしてみる!

 

何でもいいのです。Topdeckに参加すると、こういった新しい何かに挑戦できます。

 

Topdeck 体験

Photo by nozomi

 

今回、私はオーストラリアでTopdeckに参加してきました!

 

ここでは私の体験談をもとに、Topdeckで事前に準備しておくべきことなどをピックアップしていきたいと思います。

ぜひ、参考にしてください!

 

Day 1ブリスベン

photo by nozomi

 

ツアー前日、指定のバックパッカーホテルに到着しブリスベン市内を散策。

 

日本と違う風景は、歩くだけでワクワクが止まらなかったです!

 

初日の朝、トップリーダーが指定の場所に迎えに来てくれて、海外旅行保険やパスポートの確認があります。

また乗り物はBus ではなく、Coach(コーチ)と呼ぶので知っていると便利です。

 

Day 2-3ゴールドコースト

photo by nozomi

 

この日は、ほぼバス移動の日。

 

バスの中では、英語で自己紹介をする場面やお菓子交換をする場面など、メンバーと交流できる最大のチャンスが!

私は100均で買ったお土産を配って、交流を深めました。(笑)

 

ゴールドコーストと言ったら、「SURFERS PARADISE」です。やっぱりここに行かなきゃ!

 

Day4バイロンベイ

photo by nozomi photo by nozomi

 

ここは、本当に可愛い街なんです!

 

街中の壁に絵が描かれており、街そのものがアート。

hippie(ヒッピー)の街とも言われ、可愛いショップがたくさん並んでいます。

 

フォトジェニックなスポットが、沢山あるんです!

 

この日は夕方までフリーな日。

フリーの日は、再びトリップメイトたちと合流するために、待ち合わせの時間や場所はきちんと確認しておくことが大事。

 

また、言葉の説明が難しければ、地図に記してもらうと分かりやすいです。

 

Day5クレセントヘット

photo by nozomi

 

サーファーの街と言われるこの街では、人生初のサーフィンして来ました!

 

このサーフィンは、旅のハイライトの1つです。

みんなでワイワイしながらサーフィンを楽しんできました。

 

こういった、楽しめるオプションが付いているのもTopdeckの魅力ですね!

 

Day6シドニー

photo by nozomi

楽しい旅もあっという間。バスでシドニーまで送ってもらって、解散でした。

英語力がない中で世界に友達を作ることは、正直難しかったです。

それでも「話したい!」「聞きたい!」という気持ちを表せば、みんな答えてくれます。

 

まずは遠慮せず、単語を並べてみること。これが世界に仲間を作るきっかけになります!

 

Topdeckを通して見えた自分

1.臆病な自分に気がつけた

 

一人旅も、こんなに英語に触れるのも、外国人と共同生活するのも初めての体験でした。

何もかもが新鮮で、正直かなりビビってました(笑)

 

今回の旅のメンバーは15人中11人がドイツ人だったんです!時折ドイツ語で会話が進みます。(わからない…)

結局その会話には入ることができず、悔しい思いをしました。

 

だって、言葉が通じなくても想いを伝える手段・方法はあったのに。翻訳アプリもあったのに。

私が臆病なばっかりに、せっかくの交流のチャンスを逃した。悔しかったです。

 

でもその時に悔しい思いをしたからこそ、見つけられた課題がありました。

これからの大学生活の過ごし方についても見直す大きなきっかけになったとおもいます。

 

2.一人で頑張れることを知れた

 

日本ではいつも誰かに頼りがちな私でしたが、Topdeckに参加して当たり前だけど自分でどうにかしなきゃいけない問題がたくさんありました。

 

でも、人間追い込まれたらどうにか頑張れるものなんですね(笑)

気付いたら一人で解決できていました。(どうしていいかわからなくてスマホに頼ることもあったけど)

 

なんだ、自分いけるじゃん。Topdeckに参加して、少し自分に自信が持てました。

もっと成長してまた参加したいと思えた旅でした!

 

まとめ

 

いかがでしたか?日本ではあまり知られていないTopdeck。

 

外国人と旅をするという経験は、新しい価値観や視野が広がりを与えてくれます。

学生のうちにこのような経験を積むことは確実にプラスになると思います!

 

何よりも、1人旅=怖いものっていう考えがなくなる。安全で楽しめる旅が一番だと思います。

女1人では旅に行く勇気がないあなた。是非、学生のうちにTopdeckを使って一人旅を!!

 

以上、のんでした。

/ 日本赤十字秋田看護大学

秋田に住んでる大学2年生。一応看護学んでます。基本笑います。笑いのツボ浅いです。アホなこと色々やりたがり。エスニック好きと言ったら私。エスニックに囲まれて生きたい。東南アジアでエスニック料理食べまくりたい。将来エスニックカフェ開くのが夢の1つ。エスニック好きと言ったら私!!