PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

写ルンですvsアイフォンの仁義なき戦いin京都

りーちー / 都内の某女子大

華麗にカレーを食べる、そんな日々

 

どうも、寒さを感じやすくなってきた今日この頃、独り身の冬をどう過ごそうか考えてるりーちーです。

(´・_・`)

 

ところで、みなさん最近話題の写ルンです知ってますか?

写ルンですは使い捨てのフィルムカメラです。

 

 

一昔前まではカメラといったら写ルンですが定番でした。しかし、時代がフィルムからデジタルに変わると写ルンですの姿はドンドン見なくなってしまいました…

 

ですが!!

今、写ルンですが再注目されているのです!

 

なぜ再注目されているの?

 

写ルンですの使い方は、設定いらず、撮りたいものにシャッターを押すだけ。
これだけでフィルム写真が撮れるのです!

写ルンですは世界一簡単なフィルムカメラなんです。

 

こちらがその写ルンです。
どうですか?

あれ、なんかオシャレだなあ。

そうなんです。

この通りオシャレカフェともバッチリマッチングしちゃいます。

じゃあ実際写ルンですで撮ったらどんな感じで撮れるわけ?
カメラとか、iphoneでしか撮ったことないけどうまく撮れるのかな?

 

という、あなたのために!

りーちー写ルンです持って、フォトジェニックスポット満載の京都に行って来ました!

※もちろん、りーちーはフィルムカメラ、一眼やgoproを持っていませんし、使ったこともありません。

 

それでは、写ルンですで撮ったりーちーの京都コレクション、iphoneと比べてとくとご覧あれ!

 

 

@南禅寺–水道橋

photo by Rithi

まずは、iphone7(オリジナル)で撮った水道橋。

さすがはカメラの画質の進化が進んでいるiphone。

一眼レフカメラとまではいかないけど、見事な画質。

 

これを、写ルンですで撮ると…!?

photo by Rithi

おお…

一気に“ALWAYS◯丁目の夕日”のようなレトロな味のある写真になりましたね。

このボケた感じが写ルンですの魅力の1つです。

 

では、ドンドンいってみましょう!

 

@二条城

photo by Rithi

撮影:iphone7(オリジナル)

 

この日はあいにく、雨でした。
しかし、人が傘をさして見学している姿は絵になりますね。

 

photo by Rithi

撮影:写ルンです

 

写ルンですだと、写真に味がでてなんだか懐かしい気分になりますね。

高校の頃、修学旅行でみた二条城を思い出します。

 

 

@鴨川

photo by Rithi

撮影:iphone7(オリジナル)

 

りーちーこの日は初めて鴨川沿いを歩きました。
テレビでしかみたことのなかった鴨川沿いに感動しました。

 

photo by Rithi

撮影:写ルンです

 

写ルンですで撮ると、これまたレトロ感が増しますね!

この写真を見ると、1回しか鴨川沿い歩いてないのに、昔から知ってるような、小さい頃に歩いたような…そんな気分にさせてくれます。(※個人の見解です)

 

@伏見稲荷大社

photo by Rithi

撮影:iphone7(オリジナル)

 

こちら、千本鳥居で有名な伏見稲荷大社。
最近は観光地としてとても人気です。

 

りーちーが高校の時来た6年前はあまり人がいなかったのに…
時代は進んだのだなあと感じました。

お稲荷様と千本鳥居で神聖さを感じれます。

 

photo by Rithi

撮影:写ルンです

 

このボケた感じだと、少しお稲荷様が怖いですね。(笑)

 

このように写ルンですは、
暗いところや、影になっているところフラッシュをたかないと暗くなってしまいます。

暗い日中、雨の日、夜は必ずフラッシュをたいて撮影するのがコツです。

 

photo by Rithi

撮影:写ルンです

 

このお稲荷様は怖くないですね!

お稲荷様は、穀物・農業の神で、現在は産業全般の神として信仰されています。

商売繁盛、家内安全を願う人はぜひ伏見稲荷大社へ!

 

 

@竹林

photo by Rithi

撮影:iphone7(オリジナル)

 

 

photo by Rithi

撮影:写ルンです

 

これも、伏見稲荷大社の時と一緒で、暗いところはあまり写ラナインです。

りーちー / 都内の某女子大

スピッツと椎名林檎をこよなく愛する女子大生。 今どき女子になりたいけど、なる努力がメンドくさいこじらせ系です。。ですが、記事は真面目に書いてます。

イベント情報

ランキング

Sorry. No data so far.