PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

携帯禁止?日本にいながらリアルな旅体験ができる企画【ぶっタビ】とは

がんちゃん / 早稲田大学4年

旅、自然、酒。あらゆるカルチャーを愛する超絶怒涛の大学四年生。

 

どうもMr.裏方こと、がんちゃんです。

久々のシャバに出てきました。(嬉しい)

 

いきなりですが、みなさん。

旅人育成企画『タビイク』ってしってますか?

 

なんじゃそりゃ、って思ったそこのアナタ。

 

タビイクとは「旅がしたい。」だけど、不安で一歩が踏み出せない…

そんな人へ向けた《約1週間の旅の練習》から始まるバックパッカー初心者向け旅企画です!

 

初めての”海外1人旅”に不安を抱える人々が全国各地から集い、引率スタッフの現地サポートの元、実践しながら旅と現地に慣れていく企画になっています。

 

▷タビイクを詳しく知りたい方はこちら

 

そして突然ですが、また質問です!(ここからが大事ですよ)

あなたは、心の底から今の人生を最高に楽しんでいますか?

 

一度自分の胸に手を当てて、自分自身に聞いてみてください。

 

旅をしたい!

きれいな景色が見たい!

透き通る海で泳ぎたい!

現地の子供たちと交流したい!

おいしいものが食べたい!

 

様々な思いが眠っていると思います。

自分の気持ちに正直に生きてみましょう。

 

会いたい人に会い、行きたいところへ行く。

自分の中の「やってみたい!」を叶えていく人生ってとっても素敵だと思いませんか?

 

やってみたいことはたくさんあるし、旅もしたい。

 

でもやっぱり忙しい。

海外に行く時間が無い。

お金も無い。

 

やっぱ無理かなぁ…

 

そんなあなたへ!
とっっっっておきの企画があります!

 

胸の内に秘めた『ワクワク』を叶えてくれるイベント。

 

その名も、国内旅企画

「ぶっタビ」!!!!

 

 

国内だから気軽に参加できる!

海外への渡航費もかからない!

土日でさくっと旅ができる!

 

今回はそんな「ぶっタビ」の企画内容と魅力をみなさんにお届けします!

 

ぶっタビの流れ!

 

ぶっタビって実際にどんなことをするの?
そんなあなたの為に、ぶっタビの1日の流れとミッションを紹介します!

集合

 

ほとんどの人がひとりで参加するので、「初めましての人ばかりで旅をする」事が醍醐味のこの企画。

初対面ならではのドキドキがこっちまで伝わります。

 

みんな表情がかたーーーい!!!

 

 ミッション①宿探し

 

普段の旅行では1ヶ月前からリサーチして予約する宿も、

ぶっタビでは、その場で宿に出向いて交渉してもらいます!

 

こちらは参加者みんなで相談して宿を決めている様子。

 

海外に行くと、現地で宿を交渉することもしばしば・・・

そんな海外ならではの体験を、国内でもできちゃうんです。

 

※宿の空き状況や、企画の内容によって変更されます。

 

ミッション②携帯なしで目的地を目指せ!

 

観光スポットを巡ることも旅の楽しみのひとつ。

で・す・が!

 

ぶっタビはただ「観光を楽しむ」だけじゃ終わりません。

 

スタッフの遊び心がいっぱい詰まったミッションを用意してます。

 

そのひとつが「写真ミッション」

 

スタッフから手渡された写真に載ってる場所や食べ物だけをヒントに、地域の人に聞いたり、地図で探したりして目的地を目指します。

 

ここで面白いのが、「携帯使用禁止!」というルール。

 

そうなんです。

 

あえて海外にいるときのような厳しい環境をつくりあげて、自分たちの力だけでゴールに辿り着くという非日常な体験をみんなに味わってもらいます。

 

ミッション③フリーハグ

 

「ぶっタビ」の代名詞と言っても過言ではないのが「フリーハグミッション」

様々なミッションで距離が縮まった仲間たちと、街中で出かけてみんなでフリーハグ!

 

人の温かさに触れたり、新しい挑戦をしたり・・・

 

最後にはみんなが笑顔になれるハートフルな企画です。

 

他には「わらしべ長者」も大好評です!

 

ぶっタビの魅力!

 

魅力①旅の楽しさを体感できる

国内旅ならではの「日本らしさ」を感じることができます!

 

ご当地グルメや観光に加えて、現地の人と交流するミッションも盛りだくさん。

国内でも実は知ってるようで知らなかったことも。

 

見慣れた風景の中にも、新しい発見が待っているかもしれません。

 

魅力②出会いに溢れている

 

この企画、先ほどの流れでも述べたように…

参加者同士が当日に「はじめまして」!

協力してコンテンツをこなす中でどんどん深まっていく友情。

 

旅という共通の趣味を通して、一生ものの旅友達ができます!

 

そして旅の途中にも出会いがたくさん。

 

魅力③旅人スキルが上がる

 

当日引率してくれるスタッフは、色んな旅スキルを培った旅人の先輩です。

 

言葉の通じない海外でコミュニケーションをとる方法は?

プチプラお土産の値切り方は?

旅を最大限に楽しむ秘訣は?

 

そんな不安を抱えているそこのあなた!

 

旅人の先輩からたくさん話を聞いて、実践していきましょう!

 

海外旅も含めてこれから旅に出てみたいと考えてる人、バックパッカーデビューしたい人などにおすすめです。

 

 

ぶっタビ」は本当に魅力がいっぱい詰まった企画です。

 

 

初めての一人旅が不安なら、まずは気軽に国内旅してみましょう!

 

国内にも知らないことはいっぱい溢れています!

いつもと違う友達との旅ってとにかくワクワクが止まらない!

 

自分にしかできない旅を見つけられること間違いなし!

 

ぶっタビ×BackpackFESTA

 

今回、そんなぶっタビが「BPF」とコラボしました!
でもせっかく遊びに行くなら、BPFだけじゃ勿体ない・・・

 

「楽しみ方は無限大!」というわけで、今回も遊び心がつまった企画が盛りだくさんです。

高松

 

先日開催した、「高松ぶっタビ」はずばり・・・

 

『うどん屋さんをはしご旅』を開催!

 

うどん県として知られる高松だけに、たっぷりうどんを堪能してきたようです!

 

広島

 

誰もが目にしたことのある名所・・・

 

『宮島』で数々のミッションを用意しました!

 

先ほど述べた、わらしべ長者や写真ミッション!!!!

 

宮島の景色に癒されながら、普段と一味違う1日になること間違いなしです。

 

最高な仲間と最高な出会いの数々、最高な旅を一緒に体験しましょう!

 

札幌

 

海の幸!夜景!札幌を存分に楽しみたい!

そんな方にぴったりなコンテンツがたっぷり詰まってます。

 

海の幸が美味しい札幌。

食べ歩きにうってつけの場所ではなんと・・・

 

サイコロが出た数だけ◯◯をしてもらいます。

 

〇〇の部分は、参加してからのお楽しみです。

みんなの力でたどり着く夜景も、格別な時間になること間違いなしです。

 

地域の魅力を遊び尽くせ!

 

ぶっタビ」では“地域ならではの魅力”にフォーカスした、ワクワクが詰まった企画をしています。

 

タビイクを通じた海外の非日常と国内の魅力を掛け合わせた、スタッフの遊び心たっぷりのコンテンツの数々です。

 

参加者のリアルな声

 

では、実際に参加した人の声をご紹介します!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ぶっタビに参加した理由。


"ただただ不安だったから"

タビイクに参加すること。

バックパッカーになること。

海外に行くこと。

 

を親に反対されていました。

タビイクって何?



と聞かれた時に上手く説明することができないのがすごく悔しくて。そんな時にぶっタビの存在を知って、これに参加したらタビイクについてもっと知ることができる!と思ったことと、



「国内ならいいでしょ?」



という反抗心で「ぶっタビ」に思い切って参加しました(笑)

 


ぶっタビ当日。

集合時間の10分前。

 

1週間前に作られたグループラインにスタッフから

「ここで待ってます!!」

と写真が送られてきました。

 


1人で県外に行くのも初めてだった私が、
ちゃんと合流できるのか、雰囲気に馴染めるか、はじめましての人と1泊2日できるのか。

 

そんなワクワクドキドキな気持ちと、不安な気持ちに押し潰されそうになりながらも送られてきた写真の場所に向かいました。

 

今ではふらっと何処へでも行っちゃいます(笑)

 

そして向かった先には、素敵な出会いが待っていました。

 

くじ引きで分けられたグループで旅をして、夜は出会ってすぐなんて信じられないくらい濃い話をゲストハウスで語って、また再会することを約束して解散しました。



 

ぶっタビに参加して学校や地元の友達とは違う居心地の良さをくれる、年齢も出身もバラバラな新しい仲間に出会うことができました。

 

勇気を出して一歩踏み出すことで、普通に生活をしていたらできないような非日常な体験ができて、こんな素敵な出会いがあるんだ!ということが分かりました。

 

どんなに親に反対されてもタビイクに参加しよう!

 

国内で出会った仲間とこんな体験が出来るなら、海外で出会う仲間とはどんな旅ができるんだろう。

 

とワクワクしたことを今も鮮明に覚えています。

 

海外に行くのも、旅するのも、不安が全くないわけではありません。

それでも一歩踏み出すことによって大きく成長することができる!

 

旅することに賛成をもらえない人はたくさんいると思います。

 

国内だったとしても、

 

「絶対大丈夫」

 

なんてないから。

 

それでも旅をしていて出会えるものは、一生の宝物になります。

 

さいごに


今回の記事では、旅の準備、ウォーミングアップとして活用していけるような情報をお伝えできたかなと思っています。

 

読んでくださった皆さんにとって、少しでも一歩を踏み出すきっかけになれていれば幸いです。

 

では皆さん、よい旅を!

Have a wonderful trip!

 

さあ、ワクワクを言い訳に旅に出よう。

がんちゃん / 早稲田大学4年

高校時代に石田ゆうすけ著の「行かずに死ねるか!」を読んで以来バックパッカーに強い憧れを持ち、大学1年の春に東南アジアでバックパッカーデビュー。その後は、モロッコ~スウェーデン4000km縦断などを経験。趣味はフットサル、釣り、チャリ旅、日本酒を夜にちびっと飲むこと。飲酒。将来の夢は自分の雑貨屋を持つこと。