PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

「旅」気分で合宿免許へGO!〜長崎に行って知った6つの魅力〜

R!O (りお) / セントポール大学

旅とカメラとダンスが大好き。日々フォトジェニックを追求する観光学部生であり、好奇心旺盛な旅する方向音痴。

こんにちは〜!効率的な単位取得、充実した私生活、
どーも、ブルゾンちえm…じゃなくて、りおです!❤︎

みんな、ちゃんと【夏】満喫できた?

え?免許なくてドライブ行けなかったって?
「…ダメ大学生。」

では、女子に質問です。
車の後方で騒いでる系男子、寝てる系男子、
運転できる系男子、
どの男子に一番魅力を感じますか?

ドライブきっかけで「」したくない?

ということで今回は!
実際に関東から長崎へ免許を取りに行った私が、

長崎の合宿免許をおすすめする6つの魅力
を伝授します。

今なら、まだ冬休みや春休みに間に合いますよ!❤︎

 

魅力1「普通に旅行で行くより、圧倒的に安く済む」

photo by Images_of_Money

これは金欠大学生めっちゃ嬉しいでしょ?

なんと合宿免許の場合ほぼ全ての学校が交通費を支給してくれます。いぇい!
ちなみに私は”2万円”GET。

 

 実際どのくらいかかった?

LCCの飛行機で成田から博多まで、長期休み中の料金でも片道8000円くらい。
帰りは新幹線で東京まで帰ったけど、それでも自己負担は1万円以下
最高すぎる〜!

 

魅力2「方言を浴びまくる」

photo by x1klima

結構、方言LOVEの人多いんじゃないですか?
そこの君、顔ニヤけてるよ!(笑)。

私は埼玉県の出身なので、標準語で育ちました。
だから、博多弁関西弁京都弁が飛び交っている環境は純粋に面白かったです!

 

やっぱ博多弁最強説

人気の方言ランキングでも上位にはいるくらい、博多弁はとにかく可愛い!

「今なんしようと?」「どこ行くと?」「ばり(すごく)面白いけん、〜」「〜っちゃ」などなど、
友達や教官と話してても、このほんわりした言い方に癒された。
それに方言効果でみんな3割増くらいカッコよく、可愛く見えたから、方言ってあざといわ〜。

 

魅力3「日本各地に新しい友達ができる」

photo by R!O

合宿免許ってAT車でだいたい2週間くらい。
そんな長い間、友達なくしては楽しめません!

だいたい合宿に来る人たちは、ほぼ大学生だから打ち解けやすい。
特に同期やルームメイトとは、合宿が終わっても会ったりするくらい本当に仲良くなれます!

コミュニティが広がって嬉しかった!

 

実際にどこの都道府県から来るの?

私がいた時は、福岡、佐賀、鹿児島、大阪、京都、神戸、広島あたりからみんな来てました!
関東から来る人は本当に少ないので、コミュニティを広げたい人にはおすすめ。

 

魅力4「合宿中に良い出会いがある!かも」

photo by Sole Treadmill

「大学でもバイトでも出会いないわ〜」という、
そ こ の あ な た 。
もしかしたら合宿中に良い出会いがあるかも!

 

長崎の教習所には、博多の美男/美女が勢揃い

みんな知ってる?
日本の美男美女が多い都道府県ランキングは、

なんと福岡がトップ!
実際、合宿所にいた博多ボーイズ&ガールズたちは美男美女ばっかりでした。

しかも、博多弁を話しているので、
さらに3割増でプラスの印象

 

実際カレカノできるの?

私は色恋沙汰なかったけど、実際あっても不思議じゃない。

同期の人だったら2週間ずっと一緒にいるし、お休みの日には一緒にお出かけしたり、毎晩一緒にお酒を飲んだり、恋に発展する可能性は充分あります!

 

魅力5「なんといっても観光」

もはやこれがメイン(笑)
私は空いている時間や、休みの日、合宿の前後の時間を使って観光をしました!

合宿中の休日&空き時間

 

photo by R!O

同期の仲良くなった子たちと一緒に市内観光したり、
水族館に行ったり、BBQをしたり、飲みに行ったり。

photo by R!O

1日中ハウステンボスで遊んだり…。
完璧に旅行!(笑)

 

合宿後

photo by R!O

世界遺産の軍艦島(端島)に上陸したり、

photo by R!O

長崎市内の観光をしたり、

photo by R!O

稲佐山の夜景を眺めたり、

photo by R!O

博多で、屋台をはしごしたり…。

 

りお めっちゃ遊んでるじゃん

いや、ほんとそれなんですよ。
たしかに免許取得が目的だったけれど、私にとっては

光するついでに免許をとってしまおう。
っていう軽い気持ちだったので、
思いっきり楽しんできました!

 

魅力6「のんびりできる」

私は毎日都心に通っているので、満員電車や人混み、ビルに囲まれて、毎日疲れが溜まる…。
なので、思い切って田舎に行ってリフレッシュをしてきました!

”田舎” という非日常空間

photo by R!O

私が行っていたのは江迎っていう、いい意味でなーんにもないところ。静かで、最寄り駅は無人。電車は1両編成。30分に1本しか走ってないし、運賃はバスみたいに整理券を取って後払い制。

軽い異文化体験(笑)。

街灯はほぼなく、夜はこんなに真っ暗な中歩いたことないっていうくらい、史上最強に真っ暗(笑)
でも、街灯が少ないと逆に目立つのが…?

 

…そう、星☆

photo by R!O

この写真は、教習所内のコースの真ん中でルームメイトと一緒に撮ったもの。
星がたくさん写っているのがわかりますか?

都心だとこんなに多くの星見れないからすごく貴重な経験!日頃の忙しさを忘れてのーんびりできます。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

旅行気分で、いや、
免許がサブ&旅行メインで、2週間過ごしてみるのもアリでしょう?(笑)

たくさん遊んで、毎晩飲んで、こんなに楽しんでも延泊なしで卒業ですよ?合宿免許、イージーすぎる!

観光ができたり、人間関係が広がったり、楽しみ方は無限大

ドライブで、してみてね♥
アオハルが君を待ってるよ!

R!O (りお) / セントポール大学

旅とカメラとダンスが大好き。エネルギー源はチョコレート。 日々フォトジェニックを追求する観光学部生であり、好奇心旺盛な旅する方向音痴。高2で初飛行機・初海外でイギリスに留学して以降、一気に海外志向になった単純なやつ。一番好きな国はスペインで、夜のビーチでお酒を飲みながら、波音を聞いて星を眺めるのが至福のとき。

ピックアップ情報