PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

電車で行けるジブリの世界!旧国鉄篠ノ井線廃線敷に行ってみた

はるの / 生粋の末っ子

好きなものを好きと言える人でありたい

 

こんにちは!ガイドブックを眺めて旅の妄想をする日々を送っています、はるのです。(笑)

突然ですがみなさん、長野観光といえば、何を思い浮かべますか?

 

上高地でハイキング、避暑地の代名詞・軽井沢、冬はスキー… などなど、いろいろな楽しみ方がありますよね!

でもみなさん。そんな長野県に、まるでジブリの世界のようなフォトジェニックな場所があるのを知ってましたか?

 

それが、安曇野にある、旧国鉄篠ノ井線廃線敷

 

旧国鉄篠ノ井線とは?

 

明治時代から昭和の終わりごろまで利用されていた線路があった場所を、遊歩道として整備したものです。

都内からも行きやすく、旅行先としては定番の長野県で、他とは違った楽しみ方ができること間違い無し。

 

そんな旧篠ノ井線廃線敷に先日行ってきたので、その様子をレポートしたいと思います!

 

時刻表には要注意。

 

廃線跡へは、JR篠ノ井線の明科という駅から歩いて行けます。

ただし!明科駅を通る電車は本数がとても少なく、一時間に一本くらいなので要注意。

行くときはしっかり調べてからにしましょう。

 

明科駅を出ると、すぐそばに廃線跡遊歩道についての看板があります。

途中にもいくつか看板があるので、その指示に従ってスタート地点へ向かいます!

 

スタート地点に到着!

 

廃線敷の入り口は、少しわかりづらいかもしれませんが、駅のような看板が立っています。

あえて写真は載せないので、探検気分で探してみて♡(笑)

 

photo by haruno

 

最初はこんな感じの道が続きます。

 

人通りはほとんどないので、静かなお散歩が楽しめますよ!

私が行った時期は夏の終わりだったのですが、桜が咲く春や紅葉の秋も素敵な景色が見れそうです。

 

さあ、いよいよジブリの世界へ!

 

スタート地点から300mほど歩くと、最初のトンネルに到着。

 

photo by haruno

 

真っ暗で怖そうですが、中にはちゃんと電気があるので安心してください。(笑)

(ただし私が行ったときは少し怖かったので、友達と携帯でBGMをかけながら歩きました)

 

では早速トンネルに入ってみましょう。

薄暗い道を歩いていくと、外が見えてきました!

 

photo by haruno

 

このトンネルを抜けたら、さっきまでとは違う世界が待っているような、そんな神秘的な雰囲気があります。

 

さて、出口の向こうに広がっていたのは…!

 

photo by haruno

 

絵本にでも出てきそうな道です。

 

普段はなかなかこんな道を歩くことはないですよね。

途中、可愛らしいものを見つけたので撮ってみました。

 

 

photo by haruno

 

(これを見て「もののけ姫」に出てくるこだまを想像したのは私だけでしょうか)

 

と、まあこんな感じでてくてく歩いていきます。

 

平坦な道なのでそんなに疲れることもなく、のんびりと。

しばらく歩くと、また看板がありました!

 

photo by haruno

 

ここから1km歩くと、けやきの森自然園というところに着くみたい。

 

ちなみに廃線の途中にはこんな看板がいくつかあるので、どこまで来たのか分かりやすくて便利です。

自然を感じながら、またのんびり歩きます。

 

あ。レトロな踏切を発見!

 

photo by haruno

 

ところどころにある線路らしいスポットにテンションが上がります♡

 

疲れてきた?そろそろ休憩。

 

踏切を過ぎたら、けやきの森自然園に到着!

 

ここには小さなベンチやトイレがあるので、休憩するのにもおすすめ。

(山などに行くとトイレがあまり綺麗じゃないイメージがありますが、ここのトイレはめちゃめちゃ綺麗でした。)

 

photo by haruno

 

近くにあった地図によると、どうやら最初のトンネルから2kmほど歩いたようです。

次に目指すスポットは、漆久保トンネル

 

木々に囲まれた道を歩いていくと、途中には可愛らしいコスモスが咲いていました♡

 

自然に囲まれているので、季節ごとに素敵な景色が楽しめそうです。

 

カメラの準備はいいですか?

 

しばらくすると、漆久保トンネルに到着!

このトンネル、個人的には廃線敷のなかでも一番フォトジェニックな場所です。

 

まるでジブリのような、映画かなにかに出てきそうな…。

それが、こちら!

 

photo by haruno

 

レンガの色と光の差し具合が絶妙で、まさにジブリのワンシーンのよう。

 

素敵な写真が撮れること間違い無しです。

(ちなみに私と友人はインスタ映えする写真を撮るべくここで15分ほど格闘しました)

 

まだあまり知られていない場所なので、友達に自慢できちゃうかも♡

 

トンネルを抜けて少し歩くと、そろそろ廃線敷のゴールに近づいてきます。

 

次のスポットは潮沢信号所跡

 

photo by haruno

 

苔に覆われた壁が、なんだかとっても神秘的でした。

ここもジブリっぽいスポットの一つかも!

 

ちなみに、スタート地点からここまで歩いた距離は約5km

5kmと聞くと長く聞こえるかもしれませんが、自然に癒やされながらのウォーキングなので全然疲れませんでした!

 

ここからは来た道を戻っていくのですが、

行きでは気づかなかった景色が見れたり、日の当たり具合が変わっていたり、戻る道中も新鮮で楽しかったです!

 

現実の世界に帰る時間です。

 

あっという間に、最初の三五山トンネルに戻ってきてしまいました。

名残惜しい気持ちもありつつ、トンネルを抜けると…

 

photo by haruno

 

トンネルの向こうには、当たり前ですが普通の景色が広がっていました。

数秒前までの景色と違いすぎて、「さっきまでいたところは何だったんだろう?」と思ってしまったくらい。

 

まさに「千と千尋の神隠し」の気分でした。(笑)

 

都会の喧騒に疲れたあなたへ。

 

いかがでしたか?

ちょっとファンタジックで、それでいて癒やし効果抜群の廃線敷。本当にジブリの世界そのものでした。

 

実際に行ってみないと分からない、異世界にいたような感覚を、ぜひみなさんにも味わってほしいです!

 

長野を旅するときは、旧篠ノ井線廃線敷へ♡

 

はるの / 生粋の末っ子

すぐ眠くなっちゃうのが悩みの21歳。旅への憧れは強いけどなかなか一歩踏み出せないびびり。中学生のときに行ったマウナケアの夕陽が忘れられない!好きなものはよさこいと餃子。今年の目標は人見知りを克服すること。

ピックアップ情報