PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

男だけでも最高だ。男旅×おそろコーデがインスタ映えな件。

たかお / 旅するインキャ。

成長欲と堕落欲が共存する、ぼっち大学生。

どうも、こんにちは、超絶フッ軽のたかおです。
今回、超絶フッ軽に!
初めて弾丸で男旅に行って来ました!

 

みなさんは「男旅」に対して、
どんなイメージがありますか?

 

✔︎面白い

✔︎むさ苦しい

✔︎下品

✔︎馬鹿騒ぎする

✔︎いっぱいお酒を呑む

 

まとめると、「馬鹿騒ぎして楽しいけどむさ苦しい」
ってイメージですよね?

 

今回はそんな固定概念を吹き飛ばす!
インスタ映えする男旅タイでしてきました!

 

 

今回の旅仲間をご紹介

旅の話の前に、今回一緒にタイに行った3人の友達を紹介します。

 

photo by Bunta Ishikawa

こちらは、旅の発起人であるBくん。
彼が出発の二日前に送ってきた

「タイに行かない?」

というラインからすべてが始まりました(笑)

 

 

photo by Hayato Ueno

彼は一番フッ軽Hくん。

前日の夜にBくんと遭遇して、

次の日には飛行機の中でした(笑)

 

 

photo by Takao Yamanaka

こちらは、Nくん。

お酒と2次元をこよなく愛する

初心者バックパッカーです。

 

 

こうしてBくん、Hくん、Nくん、そして僕の!
弾丸男旅がスタートしました。

 

 

出発前に

むさくるしい4人の男を映えさせるためにはどうすればいいだろうか…。

 

考えた末に、ぽろっとBくん。
「お揃いの服着ようよ!」

 

ということで当日の朝は服装を揃えるために、みんな大好きユ○クロさんへ!

 

色違いの短パンに、
おそろいの
アロハシャツ。

 

photo by Takao Yamanaka

準備完了!

いよいよ、写真映えするタイ男旅がスタート‼

 

 

①到着後、飲みに行って映えさせる

18:00、バンコクに到着。

 

全員お酒が大好きなため、そのまま飲み屋へ直行!
5時間のフライトで疲れた身体を癒すかのように、

 

たくさんのお酒を肝臓に流し込みました。

 

飲んだ後お店を出る前に、
テーブル上の飲み干したビール瓶を並べてパシャり。

 

photo by Takao Yamanaka

お揃いのシャツのおかげか、単なる屋台でも
なぜかインスタ映えしそうな写真が(笑)

 

 

②綺麗なドミトリーで映えさせる

お次は宿。 

 

タイのドミトリーと言うと、
「汚いのでは…?」とイメージする人も多いはず。

 

しかし、実はおしゃれで綺麗なところが多いのです。

 

今回の宿の受付はこんな感じ。

photo by Takao Yamanaka

翌日の朝は入り口でパシャり。

 

photo by Takao Yamanaka

少しCDアルバムのジャケ写風になりました。

 

僕たちどうやら、
「アロハシャツ×お揃い=ジャケ写風」
 の方程式に気づいちゃいました… (笑)

 

 

③喫煙所ですら映えさせる

今回の男旅は4人中の3人が喫煙者でした。

 

ということで次は、
男旅では高確率で必須となる喫煙所。

 

非喫煙者のBくんをほったらかしにして、
僕とNくんの2人でパシャり。

 

photo by Takao Yamanaka

おしゃれなアロハシャツを
おそろで着ているだけなのに。

 

こんな映えスポットと言い難い場所でも、
これほど映えるとは…(笑)

 

恐るべき、おそろコーデ効果ですね。

 

 

④旅の代名詞「トゥクトゥク」で映えさせる

 

東南アジアにはありがちな、
観光客向けのトゥクトゥク

 

旅した事がある皆さんは、目にしたことあるはず。

 

現地のタクシーに比べお金がかかり、ぼったくられることも多々あるトゥクトゥクですが、

 

旅を感じられる上に映えるという代物(笑)

 

ということで、夜のトゥクトゥクでパシャり。

 

photo by Takao Yamanaka

Bくんを撮ると、旅をしている感じが凄くでました。

 

photo by Takao Yamanaka

これは格好つけすぎNくん。
(
でも、実際格好いい…。)

 

夜のトゥクトゥクでも、映えさせちゃいました。

 

 

#こんなタイなら行ってみタイ で検索!

旅をより楽しめる!
ちょっとした方法を伝授いたします。

 

それは…、
独自のハッシュタグを作ってSNSで発信すること!

 

実は今回の旅では、
独自のハッシュタグを作って発信をしていました。

 

 

それが…、

#こんなタイならいってみタイ

 

photo by Hayato Ueno

ハッシュタグをつけるといい理由は2つ。

✔︎旅が終わった後も、いつでもその思い出を見直せる。

✔︎SNS系経由で、旅先で人と繋がれる。

 

 

 

 

実際にバンコクのスタバで写真を撮っていると、たまたま通った日本人の方々から

 

「あ、お揃いのアロハシャツ!今日投稿見ました!#こんなタイなら行ってみタイで、いっぱい投稿してる人たちですよね!?」

 

と話しかけていただけました!
(読んでくださってたら、ありがとうございます!笑)

 

 

撮った映え写真を発信して、より旅を楽しみましょう!

 

 

最後に

 

 

みなさんいかがでしたか?

  

むさ苦しいと思われがちな男旅ですが、ちょっとした工夫をするだけでこんなにもインスタ映えしそうな旅になるのです。

 

少しでもイメージが変わっていれば嬉しいです。

 

ということで、
今回は弾丸男旅を映えさせてみました!

 

みなさんも男旅をするときに是非おそろいの服を着て、映えさせてみましょう!

 

そうすればインスタ映え間違いなし!

たかお / 旅するインキャ。

1回生の春に、48連勤のバイト戦士を経て、初旅×初ひとり旅×初海外でオランダ・ベルギー・ルクセンブルクへ。到着2時間で荷物を盗まれ、帰りはバゲージロスト。最高の経験をして旅にハマる。趣味は読書とカメラと飲み会。夢はどんな形であれ自分の「城」を持つこと。

ピックアップ情報