PERRY 学生の世界を広げるWEBマガジン

【完全版】#Goproのある生活とは!?基本情報から実際の使い方までを徹底調査

ずーみん / 早稲田大学

お酒と本と旅行が生きる意味になっている。

(※記事は2018年4月15日に更新されています)

 

どうも!モロッコで残金60円になったずーみんです。

 

みなさん、よくインスタグラムで見かけませんか??友達とのリア充写真、カップルでの旅行写真、とにかくフォトジェな写真たち。

 

今回はそんなリア充写真を撮れる、今ノリにのっているカメラ「Gopro」についてです!

 

実際にGoproが欲しい!と考えたことがある人も、やはり高価なだけにハードルは高いですよね。そこで今回は

 

「Gopro(ゴープロ)って、実際どうなの?買って後悔したくない!」

「Gopro高いし、コスパ悪そう」

「簡単に手に入る方法ないかな」

「#Goproのある生活ってなんやねん」

 

こんな皆さんの声にお答えしたいと思い、PERRY編集部で徹底調査を行いました!!

 

①Goproの基本情報

②実際のGopro動画

③ビギナーからヘビーユーザーまで!愛用者のGoPro歴

④買わなくても手に入る!?GoProをお得に手に入れる方法

⑤国内外問わず!Goproを使う場所

⑥GoProを持っててヨカッタ!って思った瞬間

⑦まさに万能!!GoProが役立ったエピソード

⑧インスタグラマーのGopro動画

まとめ

 

この記事では以上8つの情報を中心にお届けしたいと思います。そして、この記事で重要なのは!!

 

実際のGopro(ゴープロ)愛用者に対して行った独自アンケートを基にしている

 

という点です!

 

他では聞けない「リアルな利用者の声」を参考にして、安心してGoproデビューをして頂きたいと思います!!

 

また、「旅をしてお金を稼ぐ次世代トラベラー」が気になる方は、こちらの記事も要チェック!

 

1. GoProの基本情報

 

ではまず「Goproとは?」について。

 

冒頭でも載せましたが、Goproで撮った画像の投稿はよくSNSで目にしますよね。もうすでにオシャレ。これがよくいわれる #Goproのある生活 というものです。(詳しくは後ほど)

 

とりあえず、Goproとは何なのか?Wikipedia先生に聞いてみました!

 

photo by shatterstock

 

“GoPro(ゴープロ)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオの企業Woodman Labsが所有する探検での撮影向けのヘルメットカメラ(英語版)といったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドである。

プロからアマチュアに至るまで幅広く使われている。日本では、バラエティ番組でも多用されている。“

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/GoPro

 

ちょっとむずかしい、、。(汗)

 

つまり!Goproは海外発祥のアクションカメラであり、小型設計・防水・4K対応といった探検・レジャーなど屋外でのアクティビティ撮影において最適な機能を持つカメラなんです!

 

2.実際のGopro動画

 

もはやこれは、動画を見た方が良いでしょう!(笑)

 

 

上の動画は最近発売された、GoproHERO6の動画です。

 

動画からもわかるように、Goproは小型設計かつ防水機能を搭載した「ダイナミックな景色や臨場感を圧倒的なクオリティで撮影できるカメラ」なんです!

 

もっと詳しくGoproのスペックや種類などについて知りたい!という方はコチラの記事を参考にしてみてくださいね。

 

ではGoproの基本情報がわかったところで、実際にGoproはどう使われているのか?

 

みなさん、コチラが1番気になりますよね。

 

冒頭でも説明したように、魅力を知るにはGoPro愛用者に聞くのが早い!ということで、普段からGoProを愛用しているという男女6人に実際の声を聞いてみました!!

 

3.ビギナーからヘビーユーザーまで!愛用者のGoPro歴

photo by Naho Yashiro

 

まずは、愛用者の方はどれくらいGoproを利用しているんでしょうか。

 

最短:数日

 

最短だと、GoProを数日間レンタルして使っている人がいました。

最近はRentioというサービスで、最短3日間から借りることが出来るそうです。

 

最長:2年

 

一方で「GoProが流行りだす前からずっと使っているよ!」というヘビーユーザーもいました。

でもだいたい1年ぐらいの人が多かったです。

 

最近始めたという方から、ヘビーユーザーまでいるということで、まだまだGoproの熱は収まらない気配ですね。

 

4.買わなくても手に入る!?GoProをお得に手に入れる方法

 

入手方法については「Goproを普通に購入した!」という人が多いと思ったのですが、意外な入手方法もあったようです。

 

1.キャンペーンに応募

photo by shatterstock

 

なんと、GoProはキャンペーンの景品になっていることも多いんです!!

 

例えば…

 

 

『フォロー&RTするだけでGoProプレゼント』

→Twitterで拡散すると本体が当たる!

 

『HERO5 Black / HERO5 Session / HERO Session ご購入キャンペーン』

→本体を購入でアクセサリをプレゼント!

 

このようなキャンペーンがあることも!!これはオトク過ぎる、、!「GoPro キャンペーン」で検索したり、公式サイトのお知らせをこまめにチェックするのも一つの手だそうです。

 

2.Amazonで購入する

photo by shatterstock

 

王道でもちろん購入をされる方もいました。

 

まず公式サイトではHERO6 Blackが52000円。しかしそれがAmazonではなんと!

44786円でした!!!(2018年4月15日現在)友達と共有したり、意外とお得にゲットできる道は多そうです。

 

 

旧モデルである、GoproHERO5は31006円となっています。

 

他にも、

 

 

古いモデルであれば、さらに安く購入が可能です!試しに買うのであれば、あえてこちらを選ぶのもアリですね。

 

3.レンタルする

photo by shatterstock

 

そして使用歴でも紹介しましたが、意外に多かったのが「レンタルする」という方法。

 

Rentioというサービスを使うと、最新版のHERO5 Blackが最短3日間で5980円から借りることが出来ます。

 

「使いこなせるか分からないのにいきなり5万円も出せない!」という方は、試しに1度レンタルしてみることをオススメします!

 

スポンサーリンク

5.国内外問わず!Goproを使う場所

photo by Seiya Nishimura

 

さあ、ここからは本題の「実際の使い方」です!

Gopro愛用者は、一体Goproをどう使いこなしているのでしょうか。

 

場所は国内、海外ともにどこでも!

 

Goproをどこで使うのか?これは日本でも海外でも変わらないようで。絶景があるシチュエーション、やはりアクティビティの場面で用いられるようです。

 

ワイキキビーチ、タイ、四国、北海道、LA

オーストラリア、富士山、お祭り

 

などなど、アンケートからは様々な場所の名前が集まりました。まさに場所を問わず活躍するようで「旅行」には必須アイテムのようです。

 

また、探検用のカメラというだけあって水辺や山などハードな場所でも活躍できるのがメリット。

 

またGoProはコンパクトなのでどこにでも連れていけるのが魅力でもあります!

 

6.GoProを持っててヨカッタ!って思った瞬間

 

そしてこちらは多くの回答が寄せられました!Goproの機能の充実度と利便性の高さが伺えます。リアルな利用者の声を見てみましょう!

 

◯自撮りする時

◯横幅がある建物に遭遇した時

◯スマホでは撮れないような瞬間を捉えられた時

◯集合写真とかを撮る時!

◯みんなにワイワイされる時(笑)

◯水辺に行った時

◯水中で写真が撮れた時

etc…

 

コメントからも伺えるように、GoProは持っているだけでヒーローになれる魔法のアイテムみたいですね。

 

そこのあなた、買うなら今かもしれませんよ!!では、愛用者が実際に撮った写真を見てみましょう。

 

photo by Naho Yashiro

 

↑大きい建物も何のその。

photo by Tomoyuki Shimizu<

 

 

↑こんな状況でも撮れちゃいます!!イケメンかよ。

 

7.まさに万能!!GoProが役立ったエピソード

photo by Saya Kurihara<

 

さらに、実際のエピソードもこちらにまとめさせて頂きました。

 

回答の通り、やはりGoproは広角レンズ・耐水機能などのアクティビティへの順応性が魅力のようです。どんな場面でGoproが役立つのか、要チェックです!!

 

————————————————–

 

・ロッククライミングで頭につけて撮影した。 風の強い砂漠で撮影できた。

・サークルや団体でのお出かけのときは三脚が使えたから景色と大人数全員撮れて役立った。

 

音質がいいからどんなビデオ撮っても良い音の動画がとれる。

・丈夫な特性を活かしてキャッチボール(嘘)水や温度変化に強い特性を活かして冷凍庫でよ〜く冷やしたGoProを梅酒に入れて氷の代わりに!(大嘘)

 

・友達と写真を撮るとき、水辺に行くとき、横幅があるものを撮りたいとき、役立った。

・広角なことを活かして自然を綺麗写せること。

 

・クラス最後の授業で広角レンズを活かして記念撮影!クラスの様子も全体的にとれた!

めちゃめちゃ小さいから手軽に持ち運び◎みんなの中心の的へ!

・迫力ある映像が撮れる!

 

—————————————————-

 

これらのコメントからGoproのもつ機能の充実ぶり・利便性がわかりますね。スマホだとセルカ棒を使っても広角の限界がありますが、Goproならそんなお悩みも解決!

 

また「普段は写真しか撮らない…」という方も、4K対応かつ音質の良い動画が撮れるので思い出をそのまま残せますね。

 

まさに、圧倒的利便性!!

 

8.インスタグラマーのGopro動画

 

上でも紹介したとおり、GoProは画像だけではなく、4Kにも対応したその圧倒的な動画のクオリティの高さも売りです!

 

では、どんな動画が撮れるのか?PERRY編集部でも取材した次世代トラベラーのKeiさんの動画を紹介させていただきます。

 

 

 

本当に圧倒的なクオリティ。こんな動画を撮れたら、毎日がワクワクしますね。書いている自分も欲しくなってきてしまいました、、、!!!

 

さいごに

ちなみに今回の記事に使用した写真もすべてGoProで撮ったものです。

 

GoProにはWi-Fiで写真を送れる機能も搭載しているので、SNS映えを狙うにもピッタリですね!機械音痴な私ですが「初心者でも簡単に思い出の写真が残せる」とのGoPro使用者の声で欲しくなってしまいました。(笑)

 

あなたも素敵な写真を、GoProで撮ってみませんか?

 

スポンサーリンク

ずーみん / 早稲田大学

青森出身のAB型。いつのまにか4年生になっていた。心は18歳なのに。嫌いな食べ物はキノコとレバー。小学校から高校までバレーボールに夢中に。初海外一人旅デビューはモロッコだった。

ピックアップ情報

イベント情報